菅野萌の占いは男と女の運命学

W不倫専門カウンセラー&ツインレイ研究家の菅野萌(すがのもえ)が、みずからの経験から学んだ男女論に占術的観点をからめて、あれこれ書いているブログです。

2015年08月

5月末からずっと進めていた公式サイトのリニューアル作業も、ようやく最終微調整段階に入り、ひとまず公式サイトの方がリニューアルオープンしました☆

まぁ残りの微調整は幾つか残ってはいるんですけど、ブログ運営はもちろん、鑑定(カウンセリング)のご予約等も、こちらの方から問題なくおこなえるようになっている・・・はずです(笑)


また以前から告知していたとおり、公式サイトのリニューアルにともない、今後は文字&音声ともに、ブログも公式サイトので更新していく予定です。

ただし一か所にすべてをまとめた場合、何かしらネットトラブルがあった場合困るので、当ブログはもちろん、音声ブログも残したままにしておき、もしも公式サイトの方に何か問題が起きた場合は、当ブログ等でお知らせいたします。


ということで、ひとまずこちらのブログは休業状態になりますが、今後も菅野 萌ともども、菅野 萌のブログをよろしくお願いします。



新・公式サイト


新・音声ブログ







*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。

 



 

コレはもう断言できるんですが、たとえどんなにキレイな言い訳があったとしても、この世に相手のために別れを選ぶ人なんていません。

一見、相手のためを思っているような、誠実に思える別れの理由も、突き詰めてしまえば、本人が別れたいから別れを選んでいるんです。


本気で相手のために、別れを選ぶ人なんていません。



これは独身同士の恋愛だろうが、不倫だろうが、夫婦関係だろうが、「別れ」を選ぶ時点で、みんな同じです。

誰もが「自分のために」別れを選んでいるだけです。



それを「真の愛情」と勘違いできることも、もちろん一つの幸せですが、実際はその正反対だという現実は知っておいた方がいいですよ。


とくに別れた彼を、いつまでも忘れられない人は。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。 





コレは本当に「逃げの常套句」としてよく使われる言葉ですが、「相手を(周りを)傷つけたくない、もしくは傷つけそうで怖い」という人は、ただ単に自分自身が傷つくのが怖いだけです。

そもそも自分自身が傷つくのを恐れない人は、他人を傷つけることも恐れません。

というか、人生を生きていくうえで他人を一切、傷つけないなんて不可能です。

そんなことを思うのであれば、むしろ「どうして自分は傷つくことが怖いのか」という、自分自身の問題と対峙した方が、はるかに問題解決につながります。 


そもそもの悩みの原因は自分自身に起因しますからね。

結果的にそれが恋愛や不倫、結婚生活の悩み、職場での人間関係など、さまざまなカタチとなって表面化しているだけです。


ですから本当に必要なのは、自分自身と向き合い、自分自身のココロの問題と対峙していく必要があるのです。


もしあなたが何度も何度も同じようなことでつまづき、悩むことが多いのであれば、そこらへんにメスを入れていく必要があります。


といっても、何もムリをしていきなり傷口を開いていくわけではありません。


少しずつ少しずつ、段階を追って自分自身と向き合っていく必要があるのです。


まずは、そんなあなたのココロにたまった想いを吐き出してみませんか?


菅野 萌の鑑定(カウンセリング)は、そのためにあるといっても、過言ではないのですから。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。 





今日のつれづれ。


62分ほどの内容ですが、よろしければ、ご視聴ください。 


音声ブログ→今日のつれづれ★2015.8.29





写真は熟考に熟考を重ねて最近、購入した3冊@Amazon




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。 
 





コレは恋愛にかぎらず、どんな人間関係にもいえることですが、基本的にあなたをイラつかせる相手とは一定の距離を置いた方がいいです。

そしてその苛立ちが、あなたに実害を及ぼしてくるようであれば、迷わず縁を切った方がいいです。


もちろん、そうかんたんにいかない現実の状況もあるかもしれませんが、結局のところ、あなたを守れるのは、あなた自身だけです。

最終的には、誰もあなたのことを守ってなどくれません。



そもそも、お互いに自立しあった関係であれば自然と一定の距離感が保たれるため、多少イラつくことがあったとしても実害が出るところまではいきません。

どんなカタチであれ、あなたに実害が出るのであれば、それはそもそもの距離感が間違っているのです。


人生は有限です。

合わない人とムリして付き合ってイライラしている暇などないという現実を、今一度、あなた自身の頭とココロにしっかりと刻み込みましょう。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。 





少し前に、ほぼほぼ諦める境地に達した「わたし個人の幸せ」。

まぁここでいう「わたし個人の幸せ」とは、いわゆる「恋愛&結婚」にまつわることなんですけども。


ハッキリ言って、わたしと付き合う男性って、それ相応の覚悟が必要だと思うんですよ。

なぜなら間違いなく100%、ネタにされますから。

で、それがわかってて好き好んでわたしと付き合う男性って、そうはいないと思うんです、ぶっちゃけたところ。

まぁだからこそ、この仕事を続けるかぎり、わたし個人の幸せは、ほぼほぼ諦めるしかないなーって境地に、ようやく達したんですよ。


で、そうやって考えてみると、「カナくんって自分がネタにされるってわかってて、わたしの傍にいてくれるんだから、それってよくよく考えたらすごいよなー」って思うんです、ふつーに客観的な視点で見て。

ってか諸事情があるため詳細はいえませんが、それ以外にもまぁちょっといろいろあるんですよ、ふつーの人が聞いたら、わりとガチで「え????」ってドン引きされてもおかしくないようなことが。


で、そうしたことを考えると、ホントに単純に「この人すげーな」って思うんです、とくに今みたいなリアルタイムの関係だとなおさら。

どう考えたって、ふつーの男性は嫌がる人が多いと思うんですよ。

実際そのキモチもわかりますし。

まぁだからこそ「カナくんって、ホントすげーな」ってなるんですけど。





以前、細木数子さんがテレビによく出ていらしたときに「わたしは社会と結婚したから」っておっしゃっていて、そのときは意味がよくわからなかったんですけど、今なら彼女の言わんとしている意味が、とてもよくわかります。

わたしはとくに彼女のファンでもなければアンチでもありませんが、彼女の言ってる意味が理解できることも多々ありましたし。

とくに今の仕事をすればするほどに、理解ができるというか、深まるというか。

それは決して「占い」視点の話ではなくね。





実際わたし自身、根っからの風来坊なので、そもそも腰を据えて幸せになろうなんてことじたい考えてもいないし、そんなことも望んではいないのだけど、やっぱりそこに未練や執着があったのも事実で。

で、ようやく最近、そういう未練や執着がなくなって、「個人的な幸せは、ほぼほぼ諦める」って境地に達して。
(注:「完全に」ではなく「ほぼほぼ」なのがポイント)


で、そう考えると、やっぱりカナくん、すげーなって。 

ネタにされることなんて一切、気にせず、傍にいてくれるカナくんってホントにすげーなって。 

まぁそれだけ細かいことを気にしない性格ってだけなんだけど、それでも、そのデカさがすげーなって。

現実には大半の男性が、そういうのを嫌がるって知ってるからこそ、すげーなって。



でまぁ、だからこそ、わたしは個人的な幸せを、ほぼほぼ諦めているわけなんだけど、とりあえずカナくんとつながっているかぎり、わたしはホントの一人ぼっちにはならないなって。

何の保証もゴールもないグレーな関係だけど、少なくとも彼とつながっているかぎり、わたしがホントの一人ぼっちになることはないなって。


とりあえず、わたしにそう思わせてくれるカナくんって、すげーなって。


そんなことを思ったわけです。



もちろんネタにされることを恐れない独身男性と出会えて、わたしもその人のことが好きになれたら、それが一番の理想であり幸せだけどね♡
(決してその可能性を諦めたわけではないw)




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。  




 

コレ今まであんまりブログ等で言うことはしなかったんですけど、一定のサンプル数が自分の中でたまってきて、そのうえで感じたことを今日は書いてみようと思います。

基本的にわたしの鑑定(カウンセリング)は公式サイトからご予約いただくことが大前提ですし、問い合わせ等も公式サイトにある問い合わせフォームからいただくことを大前提としています。
(リピーターさんになるとLINEやFacebookのメッセージなどから問い合わせやご予約をいただくことが多いですけどねw)


これらの注意書きはサイト内に明記してありますし、言ってしまえば【本気で鑑定(カウンセリング)を申し込もう】と思っている人は、こういうのをちゃんと見るはずなんです。 

実際わたしがその立場だったら、それこそ隅から隅までちゃんと読んでチェックして、なおかつ、できるだけ先方に失礼のないようにしようと思いますよ。

自分が本気でこの人に何かをお願いしたいと思ったら、できるだけ相手に良く思われたいとか、嫌われたくないとか思いますからね、自然な人間の感情として。


それは自分がお客さんだとか、そういうのは一切、関係ないです。


実際キチンと手順を踏んでご予約いただく方の大半は、そうした姿勢の方たちです。
(注:媚びを売るとかゴマをするとか、ヘンに「先生」扱いするとか、そういうのとは違いますよ、念のため)


逆にいうと、だからこそ、そうじゃない人の態度って、ホントに目立つんですよね、、、


とくにいきなり電話で問い合わせてきた場合、「鑑定料金はご存知ですか?」ってわたしは必ず聞くんです。

(ちなみに必ず電話にでるわけじゃないです。このへんは、わたしの気分次第ですね。
なぜなら原則的に電話での問い合わせには対応していないから、そもそも出る必要がないんですよ、どこの誰だかわからない人からの電話になんて。)


決して安いとはいえない金額ですからね、まずはそこの確認が大事なんですよ。

で、得てしてこのケースの場合「それも教えてもらおうと思って」という人が圧倒的に多い。

まぁそういう場合は、わたしは必ず一言「全部HPに書いてあるんですけれども」という前置きを置いてから、シンプルに必要なことのみ説明します。


もうちょっとマシなケースの場合は「HPの方を一度、ご覧になってみてください」と言って終わるんですけどね。


もちろん電話で問い合わせがくるケースのすべてが、こうだとは言いません。

中には本当によくわからなくて、とりあえず電話をしてきた、という方もいらっしゃいます。

そういう方の場合は、その後、キチンと公式サイトのご予約フォームからご予約手続きを取ってくださいますからね。


ただ、電話で問い合わせてくるケースの場合、キホン「他力本願」な人が本当に多い。

まぁぶっちゃけて言ってしまうならば「一番、来てほしくないお客さん」の典型です。


ってか、ぶっちゃけ、そういう姿勢の人の不倫相談なんて、程度の低さが話を聞く前からわかります。

そんな人から負の波動をもらいたくないんですよ、ホントに本気で。


わたしはお客さんも、広い視点で見たら「仲間」だと思っています。

一緒に人生を前向きに生きていく仲間。

お互いに良い刺激が与えあえる関係の人と、かかわっていきたいんです。

それがどんな関係性であったとしても。





どうしても「お金を払う側」ってお客さん意識が強いですから、「教えてもらって当然」という傲慢な姿勢がベースにある人が多いのは、仕方ないことだとは思うんです。

でも少なくとも、わたしは、そういう人たちとは、できるだけかかわりたくない。 

ま、そういう意味もあって、今のサイトよりも見やすいサイトにするべく、公式サイトのリニューアルを決めたんですけどね。 

そうすれば少なくとも「本当にサイトが見づらくて、わかりにくくて電話で問い合わせてきた」というケースが、今よりは少なくなるはずですから。 

実際わたしも今のサイトが見にくいことは自覚してますからw


ただ、すべての人がそうだとは言いませんが、いきなり電話をかけてくる人は、やっぱり多かれ少なかれ「うーん・・・」と思う人が多いです。

また、そういう人は実際に予約をしてこないケースが圧倒的に多いw


なので、公式サイトのリニューアルが終わったら、電話での問い合わせには一切、出ない方針でいこうかなと現時点では思ってます。

実際、時間のムダになることが多いのでw
(ま、そう言いながら、そのときの気分次第ってのがホントのとこだけどw)


ってかね、たとえ立場がお金を払ってサービスを受ける側だとしても、サービス提供を断られるような姿勢でいたら、いくらお金を払ったとしてもサービスそのものを享受できなくなっていきますよ、本当に。

とくに、それが良質なサービスであればあるほど。


そういうのもふくめて、これからの時代の「格差社会」は、ますます広がっていくんじゃないかと個人的には思っています。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。 





コレはとくにダブル不倫をされている方に多い傾向なのですが、彼をあなたの現実逃避の場所にしているかぎり、いずれ彼はあなたから離れていきます。

そもそも、お互いを現実逃避の場所にしている関係というのは、いってしまえば傷のなめ合いです。

確かに、お互いが弱っているときには、その関係は成り立ちます。

ですが、片方が正常な状態に戻ったとき、その関係性には必ず行き詰まるときが来ます。


そもそも、まともな感覚を持ちあわせた人であれば、イレギュラーな場合ならまだしも、通常モードで相手の逃げ場にされるなんて、迷惑な話であり、うっとうしいだけです。

傷のなめ合い関係が成り立つのは、【お互いが弱っている】ときだけです。


ですから、あなたがいつまで経っても自立することなく、彼を現実逃避の場所にしていたら、いつか必ず、彼はあなたを疎んじ、最悪、あなたから離れていくという現実を知りましょう。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。 





約一か月ぶりにカナくんと会って思ったこと。



55分ほどの内容ですが、よろしければ、ご視聴ください。 


音声ブログ→ カナくんからベタベタに甘やかされることで気づく距離間の大切さ。






写真はカナくんと一緒に食べた味噌ラーメン。

ちなみにカナくんも味噌ラーメンをチョイスしてましたw



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。 





今日のつれづれ。


24分ほどの内容ですが、よろしければ、ご視聴ください。 


音声ブログ→ もえろぐ@今日のつれづれ★2015.8.26




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。 





「だってカナくんは、萌さん一筋でしょ?」

これは鑑定(カウンセリング)の現場をつうじて、わりとよく言われる言葉です。

確かにカナくんは基本的に、二股をかける人ではありません。
(結婚してるのに不倫してるでしょ、という論外の意見はスルーしますw)


ですが逆にいえば、それはわたしにカナくんを一筋にさせるだけの魅力(もしくは実力)がある、ということです。

基本的に二股をかけない人というのは、誰でも彼でも手を出しませんからね。



ですから、本来であれば、「何でカナくんは萌さんに一筋なんだろう?」と考えるのが、自然の摂理なんです。

また、こうした発想ができないかぎり、あなたが男性から真に愛される日が来ることは、未来永劫ありません。



「ソノ気になれば女性に不自由することはなかったのに、
遠距離でなかなか会えなくても、どうしてカナくんは萌さんに一筋だったのか?」


この発想ができる人は、愛する男性から一途な愛を注いでもらうことができます。
(注:ただしここでいう愛情とは、あくまでも【不倫】という枠組みでの話です)
(ちなみに遠距離時代に、なかなか会えなかったときは、カナくんは風俗に行ってましたよw)



もしも彼に、あなた以外の女性がいるとしたら、それはあなた自身に原因があります。
(だから、わたしは過去に2回、カナくんと別れている(フラレている)んです)

そのことに気づかないかぎり、あなたが欲しい愛を手に入れることは一生できませんよ。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。 





今日のつれづれ。


17分ほどの内容ですが、よろしければ、ご視聴ください。 


音声ブログ→もえろぐ@今日のつれづれ★2015.8.25




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。 






もうコレ言っちゃうと身も蓋もないんですが、不倫は女性にとって「百害あって一利なし」です。

コレはもう断言できます。

男性は、それなりにおいしい思いができるんですよ。

ですが女性は本当に「百害あって一利なし」です。


この現実を覚悟をもってしっかりと受け入れたうえで、不倫の世界に手を出すのは、あなたの自由です。

他の誰でもない、あなたの人生ですからね。

ただし、この現実は、どんなに素敵な男性と付き合ったとしても、必ずあなたについてまわってきます。

これだけはもう、まぎれもない事実です。



その事実をしっかりと自覚&覚悟したうえで、不倫をするかしないか、自分の意思で決めてくださいね。


少なくとも、なんだかんだ言って彼のせいにするのは、単なる言い訳ですよ。



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。





最近ようやく、ずっとサボり続けていた韓国語の勉強を復活させたんですが、もうコレがホントに楽しくて楽しくて仕方ない!!!!!

基本的に読み書きよりも話せるようになりたいわたしにとって、 机に向かって文法を覚えるのは正直、苦手だし、やっててあんまりおもしろくないけど、単語をハングルで書きまくるのは読み方のチェックにもなるし、会話の本から文法のつながりに気づくこともあって、なんだかんだで自分が学びたいことの勉強は本当におもしろい。

もちろん韓国ドラマや映画なんかを観るのも、ものすごく勉強になるし、好きなことを勉強するって本当に楽しいなと改めて思う。

紫微斗数の勉強を始めたころも、こんな感じだったな(笑) って思い出すことも、しばしば。


で、そんなことをやってるとソウルへの移住熱がムクムクと高まったりするから、本当にわたしは根っからの風来坊だなぁと思う。

ホロスコープで見ても、風のグランドトライン持ちだしねw 


といっても、もちろん完全移住を望んでいるわけではなくて、池袋とソウルの2拠点活動にするのが、やっぱ理想なんだよね。


だって、わたしのことだから、ずっと同じ場所にいたら飽きちゃうもん(笑)

だからこそ、一か所に完全にとどまるのじゃなくて、日本と韓国を行ったり来たりするのがいい。

で、欲をいうならば、日本はもちろん、韓国でも【菅野 萌(すがの もえ)】として活動したい。

もちろんメイン活動拠点は日本にするつもりだけど、向こうでも何らかのカタチで活動したいんだよなー


ま、そのためにも、まずは韓国語をもっと話せるようになりなさい!ってことなんだけど。

ってか、そういう目標や野心があるからこそ、なおさら勉強にも熱が入るんだけど。

もともと韓国語やハングルが好きなうえに、そんな目標があったら、自然と身体も動くよねw

それに仕事のことばっかり考えてたら、やっぱり疲れちゃうし、カナくんのことばかりを考えていても、やっぱり疲れちゃうしw

逆にいうと、韓国語の勉強ばっかりしてたら、それはそれで疲れちゃうしねw


恋愛と占いと韓国。

この3つを軸に、そのときどきで自分の気の向くままに時間と情熱を投じていくのが、きっと【わたしの人生】なんだろうな。


ようやく、わたしの黄金のトライアングルを見つけられたかも。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。 





コレは、わたし自身も鑑定(カウンセリング)をつうじて、ときとき気づかないうちにやってしまっていることもあると思うので、まったくエラそうなことはいえないのですが。


なんていうか、その人の思いこみで勝手に他人のことを「かわいそう」にする人って、わりといません?

たとえば、わたしの元旦那さんなんかは、典型的なこのタイプだったんですが。


こっちがまったく思っていないことを、相手の価値観で決めつけて、「きっとツラいだろう」とか「きっと寂しいだろう」とか言われて「え??まったく、そんなこと思ってないんだけど・・・」って経験、みなさんありません?


わたしは今まで本当に多くの人たちを見てきて、つくづく思うんですが、こういう人って結局「自分が」そうなんですよ。


たとえば、「萌さんは、お盆に一人で寂しい想いをしているだろう」って思う人がいるとしますよね。

でまぁ、もちろん、わたしだって、まったく寂しくないってわけじゃないですけど、わりとわたしはソレならソレで、その時間を楽しむことを考える方なので、口で言うほど寂しくなんかないんですよ。

むしろ、「萌さん、お盆に一人で寂しいだろうな」って思う人は、つまるところ、その人自身が寂しいだけなんですよ。


それを、あたかもわたしのことを心配しているような言動をとられても、こちらとしては迷惑というか、うざいだけなんですよね。

もっと言ってしまえば「あなたの寂しさを、わたしに押しつけないでよ」ってキモチになるんです、この例でいうならば。
(注:コレはあくまでも例であって、実話ではありません)


でも実際にこういう人ってホント、多いんですよねぇ、、、

で、こういう人にかぎって、親切の押し売りというか大きなお世話的なことが多くて、こっちが本当に望んでいることを汲みとる能力は皆無というか・・・

まぁ自分のキモチを相手に重ねているだけなので、相手が真に望んでいることに気づかないのも、当然っちゃ当然なんですけどね。


で、そういう人ほど、当然のようにこちらに感謝を要求してくる。


ちなみにこの手の人種は男女問わず、どちらにもいます。

また年齢も関係ありません。


こういう人って最初は親切な感じがするから、本当にわかりにくいんですが、このへんの見極め力をつけて、またそうした人との縁を断っていくことは、あなた自身を守る意味でも、とても大切だと思います。
(わたしも、そうした自分の勝手な思いこみで、ご相談者さまのことを決めつけないように気をつけよう、、、)



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。  





こんなふうに感慨深い想いになれるのも、自分自身に余裕が生まれた証なのかもしれません。


26分ほどの内容ですが、よろしければ、ご視聴ください。 


音声ブログ→もえにっき@ダラダラトーク★今ある現実は、あのころは夢のまた夢だと思ってたんだよなぁ・・・と思い出の場所を見るたび思う。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。





今日のつれづれ。


19分ほどの内容ですが、よろしければ、ご視聴ください。 


音声ブログ→もえろぐ@今日のつれづれ★2015.8.24




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。 





今日のつれづれ。


38分ほどの内容ですが、よろしければ、ご視聴ください。 


音声ブログ→ もえろぐ@今日のつれづれ★2015.8.23







写真は今日の韓国語カフェにて飲んだお茶。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。 




 

コレは過去のわたし自身がそうだったので本当によくわかるのですが、ハッキリ言って「不倫」は「純愛」なんかじゃありません。

そう思って、自分たちの関係を美化したくなるキモチはよくわかりますが、現実には「お互いにとって(←ココ重要)都合のいい関係」です。


もし、あなたが「そんなことない!!わたしは離婚をしてでも彼と一緒になりたいと思っている!!」というのであれば、それはただ単に今、目の前にあるご主人との現実から逃げたいだけです。

それ以上でも、それ以下でもありません。


わたしから言わせたら、そんなあなたの現実逃避に付き合わされる彼の方が迷惑な話です。


たとえどんなにあなたが相手のことを好きであっても、不倫はしょせん不倫であり、一時的な羽休めの場所である現実を自覚しましょう。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。





自分の発想がオトナなのかコドモなのか・・・

それそのものがわからなくなる方も多いと思います。

実際、そういうことって、自分自身ではわからないものですからね。


ですから、そういうことがわからなくなったときほど、私情の入らない第三者の意見を聞くことって、あなたが思っている以上に大切なことなんです。

そうした立場の人間からの言葉って、本当に思ってもいない角度からの意見がもらえることが多々ありますからね。

またそうした発見って本当に想像以上に、大事なことだったりするんです。



もし今、あなたが彼とのことでグルグル迷路に迷い込んでしまっているとしたら、そうした切り口の意見は、あなたの救世主になるかもしれません。

もちろん絶対そうだ!!とは言えませんが、その可能性は、かなり高いと思います。



あなた自身の発想がオトナなのか、コドモなのか・・・



その事実を知りたければ、ぜひ一度、菅野 萌の鑑定(カウンセリング)を受けてみてください。

あなたにとって、何らかの道しるべを指し示すことができると思います。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



鑑定のご予約、お問い合わせは菅野 萌の公式サイト(←クリックもしくはタップすると、菅野 萌のホームページに移動します)から、お願いします。





このページのトップヘ