菅野萌の占いは男と女の運命学

W不倫専門カウンセラー&ツインレイ研究家の菅野萌(すがのもえ)が、みずからの経験から学んだ男女論に占術的観点をからめて、あれこれ書いているブログです。

2014年05月

「リピーターさま・菅野 萌の知人等の特別枠について」にも書いてあるんですが、一度でも菅野 萌の鑑定を受けたことがある方、もしくは菅野 萌のリアル知人、またはそれと同等の方からの場合はW不倫以外のご相談でも、お受けしています。


以前にも書いたかもしれませんが「W不倫のご相談」(ご要望があれば、片方が独身の不倫も可)は、あくまでも菅野 萌に何のツテもない方のみの入り口として絞っているだけです。

そして、これも前に書いたと思うんですが、これは何より自分自身が経験していることなので、それらの経験からわかること、伝えられることがありますから、本当に初めて接する方に対しても、それなりの対応が出来る自信が自分にあるからなんです。


けれども、二度目以降というのは、それなりにお互いの間に信頼感も生まれてきますし、またW不倫のご相談を通じて他にも抱えているお悩みにご本人が気づいたり、逆にわたしの方でも気になる場合というのが本当に多々あるんですね。

またご相談者さまの方で、わたしのことを信頼してくださる場合は、ご主人のこと、お仕事のこと、子育てのこと、自分の両親とのことなど、本当にいろんなことをお話してくださいますし、それらのことが二度目、三度目の鑑定につながっていく方が本当に多いんです。

またこうした経緯があるからこそ、そうした方たちからのご紹介の場合は、リピーターさまや知人などの場合と同じように、どんなご相談内容にも応じますよ、というスタンスでやっているんです。


ただ、こうしたリピーターさま&知人等への特別待遇について、ご存じない方が意外と多い現実を鑑定を通じて感じることがあります。
(もちろん、ご存知の方も多くいらっしゃいますけどね

これは、わたしのところに鑑定依頼をしてくるくらいですから、やはり普段はどんなに冷静沈着な方でも、わたしの公式サイトの中を全部見ていなかったり、ブログの記事も自分が気になるタイトルのものを拾い読みしている状態だと思うので仕方ないかなとも思うんですが、この特別枠を活かさないのは本当にもったいなんですよ、わたしが言うのもナンですけど(笑)


最近は、わたしが何度も「菅野 萌の鑑定は本気の人だけ申し込んでください」と言っているせいか、だいぶ占い依存、占い好きな方からのご予約が減ってきたので、これは本当に良い傾向だと思っています。

そうした人たちを対象に活動している占い師さんの方が、世の中には圧倒的に多いですからね^^

ですから、何もわたしが必死になって、彼、彼女らを受け入れなくても大丈夫なんです



で、鑑定のご予約の方も、こうした変化が生まれてきたので、そろそろ次の段階にいこうかなと。

実際W不倫をする方の中には、何かしらココロに問題を抱えていたり、身近な人たち(肉親含む)との間にさまざまな問題や不満を抱えていて、それらがW不倫というカタチになって現れている人も少なくないですからね。


とはいえ、ご本人が幸せであるならばW不倫をムリにやめる必要はないと、わたしは思っています。

ただし、ご本人が幸せでないならば、そしてその現状を打破したいと本気で望んでいるのならば、それなりにいろいろ考え、段階を踏んで行動していかなくてはならないと思いますが・・・



まぁW不倫を続けるかどうかは個々の自由なので、そこは別に問題ないんですが、何度も書いているとおり「幸せになるW不倫」をするためには、やっぱり家庭や仕事のことなどの問題を無視するわけにはいかないんですよ。


これもしつこく言っていますが「日常あっての非日常」ですからね。




ですから、せっかく縁あって菅野 萌の鑑定を受けていただいた方や、リアル、ネットを問わず菅野 萌と何らかのカタチでご縁が生まれた方は、是非このチャンスをムダにしないでほしいんです。


自分で言うのもナンですが、わたしのような主旨で活動をしている占い師さんは本当に少数派です。

もちろんゼロではないですが、本当に本当に少数派なんです。

だからこそ、わたしの方も最初から誰でも彼でも何でもOKですよ、というスタンスではないんです。

むしろ何のつながりもない方からのご相談を何でもOKにしてしまうことは、とても怖いですからね。

どんな人がくるかわからないのに何でもOKなんて、わたしには怖くて出来ません。



どんだけ自分を過大評価しているんだ、と思われるかもしれませんが、わたしとご縁が出来た方は本当にラッキーなんですよ。

わたしは本当に誰でも彼でも鑑定のご依頼をお受けするわけではないですし、場合によっては本当に鑑定のご依頼をお断りすることもありますからね。

かんたんに言うならば「この人を応援したい。この人を笑顔にしてあげたい」と思えない場合は、お付き合いそのものをしたくないんですよ、たとえお金をいただけるとしても。
(ちなみに取材や執筆のお仕事のご依頼をお断りする場合も、こうした理由が大半です)


ですから、わたしが「次からは、どんなご相談でもOKですよ」と言うのは、自分で言うのもナンですけど、とってもすごいことなんですよ、本当に(笑)

もちろん三度目の正直ってコトバがありますから、多くて三度くらいまでは様子を見ますが、それ以上の進歩が見えない場合は、「もう占いは使わない方がいいです」とハッキリ言いますしね。



ハッキリ言って、この記事のタイトルに該当する方は、それだけですごい権利を持っているんです。

それをいきなり自覚しろと言っても無理でしょうが、本当にすごい権利を持っているんです。

「オマエ何様だよ」と思われるかもしれませんが、事実なのだから仕方ないです。


ですから、どんなカタチであれ菅野 萌とご縁が生じたみなさんは、是非このご縁を上手に活かしてくださいね。


少なからず、あなたの人生のお役に立てると思いますよ




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。



◆今日のお月さま◆

ふたご座 


BlogPaint
 


知性や思考をつかさどる水星が、ふたご座からかに座へ、恋愛をつかさどる金星がおひつじ座からおうし座へと移動しました。 

かに座は家族や身内、おうし座も家の中など現実の生活に関心が向かう星座ですから、今までは外に目が向いていたり、自分自身の恋愛が第一だった人も、多少は自分の家庭に目が向かうようになるかもしれません。


また楽しみの金星が知性の水星をサポートしていますから、コミュニケーションをとる上での会話を楽しむこともできるでしょう。


そんな今日のお月さまは、雑学王のふたご座

テレビなどから仕入れた報道やワイドショーなど幅広い話題を周りに提供して、楽しくおしゃべりをすることができそうです



こんな日は彼の言動に振り回されるなんて、もったいない!!

今日は家族との会話やコミュニケーションにココロを向けてみませんか?



日常の何気ない会話から生まれるコミュニケーションは思っている以上に大事なもの。

バカバカしくてくだらない会話ができる空気感こそ、家族や夫婦間で何かあった場合のスムーズな話し合いに欠かせないものです。



「何で、いつも黙って勝手なことをするの?!」

「どうして、いつも何も考えてくれないの?!」

と募る一方の配偶者への不満も、もしかしたら「話しにくい空気感」が原因の一つかもしれません。



W不倫をされている方なら、彼とのことが原因で家族に八つ当たりをした経験も、一度や二度はあるはずです。

今日は、そんな罪滅ぼしの意味も兼ねて、家庭の中の空気感を大切にしてみましょう。


くだらない会話が出来る関係と空気感こそが、夫婦円満の秘訣なのですから。
(=幸せになるW不倫の秘訣でもある)





*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。



わたしの理想、別居婚が可能となるかどうかは別として、もしそれが可能となった場合に出来るだけ円満にコトが運ぶよう、着々と準備を進めております。

といっても実際に具体的な計画が出来たわけではなく。


わたしは、こう見えて意外と気遣い屋さんです。

だからこそ一人の時間がないとダメなんですね。

相手が誰であろうと他人がいると思うだけで神経を使ってしまうんです、どうしても。

だから、とってもとっても疲れるんです。

とくにニート主婦時代は、ここを追い出されたら行くところがないと思っていましたから、必要以上に気を遣っていたので、本当に精神的にはクタクタでした。


でも今は以前のような過剰な遠慮はしません。

そもそもウチの夫は、そういった気遣いが全然、出来ない人ですからね。。。

今まで一緒に暮らしていて、「オマエは人のことや、そのちょっと先のことを考えたことあるのかよ!!」と、夫に対して、かなり本気で苛立つこともありましたし、もちろん今もあります。


ですから、わたしも夫と同じように図々しくなることにしたんです。

ハッキリ言って、ウチの夫もわたしに負けず劣らずワガママですからね。

ただそれをわたしみたいに表に出さないだけで、ヤツのワガママは相当なもんです(笑)


なので、今までわたしがどれだけ気を遣っていたかなんて気づいてないんですよ。

そこがまた腹が立つところだったんですか、それを一切やめたんです。

もともと夫は、わたしに弱くて頭が上がらないですから、わたしが強気に出ればそれに対して文句なんて言わないですし、 わたしも文句を言わせません(笑) 


で、こうなると夫の性格上、わたしが別居婚を申し渡したときに、

「こんなに(俺が)気を遣わなきゃいけないのなら、疲れるから別居婚でいいよ」

と、かんたんに認めるのが目に見えています(ふふふ)


ま、だからこそ夫のことなんざ1ミリたりとも信頼してないんですけどねw



でも、いいんです。

わたしが望んでいるのは夫との離婚ではなく円満別居婚なんですから。

それも今のマンションから、そんなに遠くなければ、必要なときは雑用を夫に頼んだりできますからね。

そういう意味ではヤツは便利なんですよ、とっても(笑)


ま、そうじゃなかったら、あまりにもメリットがなさすぎて、親に頭下げてでも、とっくに離婚してますが。



今までヤツは、わたしがどれほど気を遣っていたかわかっていなかったですが、最近のわたしの言動で、「気を遣うことをやめた」ということには、さすがに気づき始めたと思います。

だからといって家の中が険悪になるとか、そういうことはないです。
(かといって、お世辞にも「夫婦円満」とは言えませんがw)

むしろ今までわたしが過剰に気を遣いすぎていたんですから、文句は言わせません(笑)



そして「むしろ同居婚より別居婚の方が俺も気楽でいい」と夫に思わせるのが最終的な目標です(笑)

そうなれば、いつでも円満別居婚にスイッチできますからね。


まぁ実際に、わたしに別宅が手に入るかどうかはわかりませんが、いつそうなっても大丈夫なように準備をしておいて損はないですからね。

仮に、この話がポシャったとしても、わたし自身が別居婚を諦めない限り、どこでチャンスが訪れるかわからないですし、そのチャンスを逃したくないですからね。


チャンスをものにするための準備ってヤツですね、要するに(笑)



いやーそれにしても人は本気になると、目先のことに囚われずに行動するものですね、言い訳なんかせずに(笑)


現実に、わたしの理想が実現するかどうかはわかりませんが、いつ何時どんなカタチでチャンスがきても、そのチャンスを絶対に逃さないよう、これからも準備をしっかりと怠らないでいこうと思います





*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。





 

菅野 萌の鑑定では基本的に古典的な占術の理論や理屈は使いません。

それは何度も言っているとおり「占いは、まず人ありき」だと思っているからです。


とはいえ、古典的な理論をまったく無視しているわけでもありません。

たとえば、わたしは四柱推命というのは五行バランスがすべてだと思っています。


わたしの日干は丙なんですが、これは五行(木火土金水)でいうと火に当たります。

そしてわたしはかなりの身弱であり、また火を生み出す木がゼロなので、木を欲しているともいえるんですね。



突然ですが、わたしはハッキリ言って不便な地方の田舎暮らしよりも、便利な都会暮らしが好きなんですよ。


これは占星術で見ても、それがキッチリ現れているので「あーやっぱり」と納得はいくんですが。

それでも何とか現在の生活に耐えられるのは、わたしが生まれ育ち、また現在も住んでいる前橋が、どちらかといったら県内の中では不便ではない場所だからなんですね。
(とはいえ、10年弱暮らした東京の便利さとは比べ物にならないですが)


そのくらい不便な田舎暮らしが嫌いなわたしなんですが、昔から「カントリー調」というものが好きなんですよ。

わかりやすくいうと木のぬくもりが感じられるインテリアとか、ログハウスとか。

そもそも、プロデビュー当時に「森の占い師」なんて名乗っていたのも、ここに由来があるわけでして。
(五行に木が足りないってことね)



で、「田舎嫌いなくせしてカントリー調のものが好きだよね」なんて言われていた現実があるんですが、占いの勉強をするようになって気づいたんですよ。



わたしは無意識のうちに、自分に必要な「木」を求めていたんじゃないかって。



わたしは四柱推命で使う十干を自然界の象意に当てはめる理論がすべて正しいとは思っていませんが、だからといって、あながちコレをバカにすることも出来ないんじゃないかって思うんですよ。

まぁ丙は太陽なので、木がなくても自発的に燃えられるんですけどねwww


ただ単純に五行思想で考えた場合、木生火で火は木から生じられるわけですから、木がゼロのわたしにとって、木のパワーって、やっぱり無意識のうちに欲しているような気がするんです。

それが木のぬくもりを感じるインテリアや家具、はたまたログハウス好きな面につながるんじゃないかなって思うんです。



ちなみに、わたしの夫の日干は丁で、丁は同じく五行でいったら火なんですが、丁は丙(陽干)に対して陰干で、古典的にはロウソクの火など、人工的な火にたとえられるんですよ。


で、夫は実際、暗闇が好きなんですね。

わたしは以前から、どうして夫が昼間でもカーテンを開けずにテレビを見たり、昼間からカーテンを閉めたまま電気をつけるのか不思議だったんですが、確かに自然光の下では人工的な火は不必要ですからね。

夫も無意識のうちに、自分自身の存在を否定しない環境を好んでつくっているのかなぁと、これまた占いの勉強をするうちに思うようになり、わたしの苛立ちも少し緩和されました(笑)


以前は

「何で昼間からカーテンを開けないで電気をつけてるんだよwwwそれこそ電気代のムダだろ?www」

と、理解不能な夫の行動にかなりイラついていましたからね(笑)




わたしは四柱推命を使うに於いて、こうした自然現象の象意に人間を当てはめることは、おかしな話だと思っていますし、実際その人を理解する上に於いて、実践的ではないと思っています。

ですから一番重視するのは五行バランスですし、この記事でも書いたようにその十干が持つ体質的な特徴や性質を重視して実際の鑑定では使います。
(実際その方が現実の人物の特徴に当てはまります)


けれども、こうした無意識の行動に、やはり古から伝わる理論や理屈も、まったくの無意味ではないとも思っています。
(もちろん時代背景を含めて考えると、古典的理論を妄信するのは、やはり違うと思いますが) 



わたしが木のぬくもりを求めること、夫が暗闇を求めることなどは、やはりこうした四柱の特徴や五行バランスを用いると納得、理解ができるんですよね。



もともとわたしは占いをリスペクトなどしていませんし、占いに答えがあるとも思っていません。

だからこそ世の中の占いビジネスに嫌悪感を抱いていますし、占いに依存している方からの鑑定の依頼は、お断りしているんですが、やはりこうした無意識レベルで求めていることには、五行の神秘を感じずにはいられません。



この記事でも書いたように、 五行の神秘を身を以て実感した経験もありますしね。



わたしは占い信者でもなければ、むしろ超現実主義者です。

けれども縁あって運命学という学問と出会い、それらを通じて感じることは、やはり魂レベルでの神秘というものは存在するのだなぁと。



自力開運が人生のキホンだと思っているわたしでも、やはりそう感じることがあるのも事実なのが運命学の神秘なのだなぁと。 



そんなことを思うのです。



※自力開運とは、わたしが主に四柱推命と西洋占星術を教わったマザー紅竜さんが率先しておこなっている活動の名称です。





*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


 

わたしの理想は以前にも書いたとおり別居婚が理想だ。

ただし、これを実現するためには先立つものが必要となる。

実父におねだりした寝泊り可能な占いサロンを仮に手に入れることが出来たとしても(これは何度も言っているけど、あくまでも予定は未定の話)その後の生活を維持するチカラが自分自身になければ、現実には無理がある。


そもそも、わたしが現在の夫と結婚をしたのは、ひらたく言えば「食べていくため」なのだから、わたしの当初の目的は果たされているし、それはおそらく今後も継続されていくのだろう。


わたしは夫との離婚を望むというよりは、夫との別居婚を望んでいるのだ。

もちろん夫の方から離婚を申し出られれば受け入れるしかないけれど、自分から離婚を申し出る気は、結婚生活14年目に突入した今となっては、さらさらない。


けれども、わたしはどうにかして別居婚を可能にしたいと思っている。

それは占術的にみても納得のできるものだし、だからこそ自分の願望に納得もいく。

そして、これは夫以外の男性、たとえば仮にモトカレさんが夫だったとしても同じことを思うだろう。



わたしは自分にチカラをつけたい。

それは何より、わたしの理想とする別居婚を可能にするためだ。 

そう、わたしは別に夫との離婚を望んでいるわけではない。



ただ一つ同じ屋根の下に暮らすことが苦痛なのだ。

けれども、夫は仮に愛がなくとも一つ屋根の下に暮らし協力しあうことこそが、夫婦の本質だと思っている。 



このギャップは、未来永劫、埋まらない。




もし、わたしが別居婚を申し渡したら、夫はどんな反応をするだろう。

おそらく彼は、わたしの申し出を受け入れるだろう。



その先に離婚という選択肢が彼の中にあるかどうかはわからないけれど、おそらくわたしは別居婚が実現したら、今以上に離婚を考えることはなくなるだろう。

むしろ夫の良さを再認識するかもしれない。



けれども、夫はどう考えるかわからない。

そして夫が離婚を考えない保証なんてどこにもない。



そう思っても、わたしは別居婚の理想に向かって動くことをやめられない。

逆に言えば、もしそうなったときに自分一人で生きていけるチカラをつけなければと思う。



離婚のデメリットはわかっていても、それでもわたしは別居婚を強く望む。

それが実現できるかどうかはわからないけれど、今のわたしの原動力は、すべてそこにある。


夫の理想なんて知らないし、わからない。

けれども、自分の理想は、ようやく把握することができた。

今までは、それすらもわかっていなかったのだ。

けれども今は、こうして自分で行動することで、また占術面からの裏付けを得ることで、自分を責めることなく、当然のごとく、考えることができる。

そして自分の望むままに生きればいいのだと思う。



そして、それこそがわたしの最大の原動力なのだ。

幾つになっても親のすねかじり娘ではあるけれど。




※スミマセン、酔った勢いで書いてマス。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


 

ここ何日か試験的にGoogleで「W不倫」という検索ワードを入力してみたんですが、なんとこのブログが1番上に表示されるようになっていました!! 


02c8ca4a.jpg

↑見づらくてすみませんw
 


ちなみにYahooだと3ページ目でした。(2月頃に検索したときは2ページ目だった)


わたしは、こう見えて(?)インターネッツの仕組みとかさっぱりわからないので、どうしてGoogleとYahooで表示ページに差が生まれるのかよくわからないんですが、(要はGoogle検索経由で、このブログに来る人が多いってこと?????)何にしてもTOP表示されるって気持ちいいし嬉しいですよね(Yahooは下がったけどwww)


はたして当ブログが、いつまでこのTOP表示を維持できるかはわかりませんが(笑)

W不倫をされている一人でも多くのみなさまの目に留まるよう、これからも地道にコツコツと、このブログを続けていこうと思います 




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


 

わたしは、いわゆる個人事業主ですから、すべての判断は自分でしますし、決定権もすべて自分自身にあります。 

わたしは、それがフリーランスの一番のメリットだと思っているので、(そもそもそれが目的で起業を考えた)それを存分に活用しています。


そして、それは日々、試行錯誤の連続なわけですから、鑑定メニューの変更や、鑑定受付時間の幅や鑑定料金体制の見直し(ちなみに料金見直しは原則的に値上げのみです)またその他もろもろのことを、いろんな人や物事、出来事や経験からヒントをもらいながら、あれこれ考え、そして何かしら思いつくことがあれば、とりあえず行動に移しているわけです。 

もちろん、そのときに何が正解なんてわかりません。 

けれども、いくらわたしが基本的には、のんべんだらりとしたダメ人間だとしても、基本的に好きで始めた仕事なので、常に頭の中には仕事のことがあるんですよ、一応(笑)

なので、まったく仕事と関係ないことをしながら「あ!!」なんてヒラメキが突然あったりすると、そのときにやっていることを放り出してパソコンを開く・・・なんてことも、しばしば。
(これは自宅にいる場合@わたしは自宅でしかパソコンを使わない)


まぁそんな地味な試行錯誤を思考と行動の両方で日々おこなっているわけなんですが、そんなマイナーチェンジを、わたしがするのには、もちろん理由があります。


当然のことながら、わたしはこれを生業にしているわけですから、利益が出なければ話になりません。

ですから常に利潤の追求は考えています。

その一環として自分自身のスキルアップを日々、心がけているわけです。
(もちろん、それだけが理由ではないですが)


そして基本的に、わたしのところに来るご相談者さまというのは、年齢に関係なく、過去に「わたしが通ってきた道」 を今、歩まれている方たちなんですね。


このブログの読者さまが既婚者前提でお話をすると、必ずしも全員とは言いませんが、大半の方がお子さんをお持ちでしょうから、子育て視点で考えればわかると思います。

つまり、言われたそのときに、その真意や理由は理解できずとも、少なくとも先人の言うことや実行していることには、それなりの根拠があるわけです。

ですから、みなさんから誤解されたり、理解をしてもらえないことがあったとしても、わたしには、わたしなりの信念と理由が、その言葉や行動の裏付けとしてあるので、そのときそのとき、自分自身の信念に基づいて判断や決定を下すことができるわけです。


といっても、もちろん何が正解なんてわかりませんから、必ずしも自分の信念に従ったことが正解だとは限りません。 

だからこそ日々、試行錯誤の連続・・・ということになるわけです。 

それが、わたしがマイナーチェンジをする第一の理由。


そして、もう一つの理由が「自分がお客さんだったら、こういうサービスがあったらうれしいな」と思うものを、そのときそのときの変化に合わせて考えているんです。


たとえば今のわたしの一番のメイン、W不倫に於ける通常鑑定のお悩み相談はもちろんですが、彼への愚痴や文句はもちろん、幸せなノロケ話も含めて話すことができるおノロケ鑑定などは、モトカレさんと付き合っていたころのわたしが一番、欲していたものです。

わたしの場合は、さいわいにして、それらのことを話せる友人・知人等がいましたが、ここに占い鑑定の要素が加わっていれば、もっとそれは活きた会話になっていただろうなと思います。 



細かいことを言いだしたらキリがありませんが、自分の経験からわかること、言えることを、そのときどきの自分の考え方の変化に合わせてメニューやサービス内容を変えていると、必然的に細かなマイナーチェンジを日々おこなうことになるわけです。



サービスを提供する商売をしている以上、自分にとっても、お客さまにとっても、お互いに利益になるような関係を築いていきたいですからね。

そう考えると日々の試行錯誤、マイナーチェンジをおこなうことは必須ともいえるわけです。


またそれが出来るのが小回りがきく個人事業主の最大のメリットともいえますしね。

ある程度大きくなってしまった組織では、すぐに動く、ということは、ほぼ不可能ですからね。

だからこそ、わたしは組織に属したくないわけですし。
(ただし占術的に見ると、わたしは大きな組織に服務すること自体は向いているんですよ。占いは「人ありき」というのは、こういうことです。占術の結果よりも、本人の意思が何より大事)


このブログを長くお読みくださっている方は、大体わたしの性格がわかっていると思います。

わたしが飽きっぽい性格なことも、深く考えずに思いつくままに動くことも、よくご存知のことでしょう。

短所は長所の裏返しですから一長一短な面があるのは、自分でも自覚していますが、わたしが日々ちょこちょことマイナーチェンジをおこなっているのは、こうした理由からです。


ですから、これからも、わたしが一人で自由な立場で動いていられる限りは、
(基本、そのつもりですけど)こうしたマイナーチェンジは、ずっとおこなっていきます。

もっと地味で小さな試行錯誤は、みなさんの気づかないようなところでも日々おこなっていきます。


わたしがモデルチェンジをするとしたら「W不倫専門占いカウンセラー」の肩書を完全に変えるときくらいですかね、今のところ思いつくのは。

もちろん、これも実際におこなうかどうかは、まったくわかりませんが、これ以外の変化であれば、すべて「マイナーチェンジ」と認識してください。


で、まぁ何が言いたかったかというと

「これからも日々いろんなことを考え、そのときどきの考え方に合わせて変えていきますよ。

だからブログはもちろん、鑑定に興味のある方は公式サイトの方も、こまめにチェックしてね」
 


ということです




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。



 

何度か書いていることですが、このブログは、わたしの失敗の集大成です。

ぶっちゃけ「幸せのカタチ」 なんてものは本当に人それぞれなので、何が正解なんてないんですし、「こうすれば絶対に幸せになれる!」なんて法則はないですし、「これは絶対にやらない方がいい!」と言いきれるものも、ぶっちゃけ、ないんです。


とくに命術(生年月日時を使った占い)で個々のパーソナルの性質を見ていくと、

「この人には、こういう言い方をした方がいい」とか

「この人は、こういう言い方をされると嫌がる」とか

個々の違いが本当によくわかるので、「これが絶対に正解!」なんてものはないんです。


とはいえ、やっぱり「W不倫に於ける一定のルール」というものは存在すると、わたしは思っていますし、また、そのために必要な覚悟を知ることも大切なことだと思っていますし、その人の意識の持ち方一つで、「自分も周りもみんなが幸せになれる」方法も、あると思っています。



もちろん不倫とはいえ恋愛であることに変わりはないですから、楽しいことばかりなんてありえないですし、大半の人は独身同士の恋愛以上に悩み苦しむことになるのが現実なことも、わかっています。


人のココロは理屈どおりになんて動かないですからね。

そもそも理屈どおりに生きることが出来るのであれば、W不倫なんてしないはずですから。



W不倫とは悩み苦しむことが大前提な恋です。

そのうえで「どうやったら少しでも自分自身のキモチが楽になれるのか。

また自分も周りも笑顔になれるのか」ということを考え、提案しているのが、わたしの仕事であり、このブログの大きな役割の一つでもあります。



もちろん人は自分が経験したことからしか学べないことは、わかっています。

わたしがいくら自分の経験から言えることを声高に叫んでみたところで、それが理解できるのはカタチは違えども、多かれ少なかれわたしと似たような経験をお持ちの方、もしくは、わたしと感性が似ている方だと思います。
 

だからこそ、わたしのブログや公式サイトを通じて鑑定のご依頼をされるのだと思いますしね。



ですから、今までも何度も言っていますし、わかりきっていることだとは思いますが、わたしの言っていることが、すべての正解ではありません。

違う考え方、違う答え、というものも、もちろんあると思います。

また「コレは同意できるけど、ココは違うと思う」というものも多々あると思います。
(これが正常な感覚ですね) 


そんなわたしの失敗の集大成から、何かしら感じるものがあれば、菅野 萌のブログや鑑定を上手に活用して、一人でも多くの方の笑顔につながっていってくれたらいいなと思います。

 

幸せになれないW不倫なんて、それこそする価値がないのですから。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


 

もう一ヶ月以上、前のことになるんですがコチラの記事に書いたとおり、わたしは家入一真さんがゲストのスマホの学校に参加してきたんですが、当日の動画がアップされたので、こちらでも共有させていただきますね。

といっても、ほとんどスタッフさんの後姿が多いんですが(笑)


そんな働く人々のスキマから、ときどき垣間見える豹柄帽子をかぶっているのが、わたしですw(偶然にも絵面的には、ど真ん中w)


といっても、なんとなくしか伝わらないかもしれませんが、時折、わたし自身が動いたり笑ったり、しゃべったりしている様子が映っているので

「鑑定には興味があるけど、実際の菅野 萌って、どんな感じの人なんだろう。。。」

と思われる方は、もしよかったら、こちらの動画を参考にしてみてくださいね。

※ちなみにワタクシこの様子が撮影されているのを、まったく知りませんでしたので、本当に素の菅野 萌が写っていマス(笑)




 


コチラは別の日のものなんですが、ちょっとだけ映ってますw
(これも映ってるのに気づいてませんw&帽子かぶって、お茶飲んでるのがわたしですw)



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


 

えーとですね、わたしは基本的に「覚悟がある本気の人しか相手にしない」といった趣旨でお仕事をしているんですが、 わたしのブログを愛読されている方はご存じのとおり、わたし自身は基本的に甘えた生き方をしている人間です。


先日も、とある集まりでドン引きされたのですが、その日わたしは、その集まりに参加する予定ではなく、実父に用事があり所用を済ませて帰るときに、その集まりの方から連絡をもらって、急きょ参加したんです。


で、そういう流れで父に近くまで車で送ってもらったので、気づいてなかったんですよ。


自分が財布を持っていなかったことに。


まぁこのネタで、その後の飲み会で酒のつまみの一つとして、若干いじられたわけなんですが、そのときにわたしは、めっちゃふつーに

「だって今日は親のとこに行ってて、ここに参加する予定じゃなかったから、お財布持って出かけなかったんだもん。
親と一緒なら親が全部お金を出してくれるから、お財布持ってく必要ないし」


と言ったら、ドン引きされたんですけども(笑)
(ドン引きされて初めて「あれ?これってそんなおかしな発言?」って気づいた・笑)



でもコレわたしにとっては、ふつーのことなんですよね。

で、これが許される環境なんですね、わたしと父の関係は。



ハッキリ言って、わたしは今の仕事をしなくても食べていくことはできます。

基本的には会社員の夫がいますから贅沢はできずとも、ふつーに暮らしていくことはできます。

そもそも、そのために結婚したんですから。(夫と結婚した経緯はコチラ


また、わたしの実家はいろいろ複雑なのでアレなんですが、両親が二人とも亡くなれば、多少はお金が入ってきますしね。

なので、とりあえず安定した稼ぎのある夫がいる、という前提で考えれば、よっぽどのことがない限り、ふつーに食べていくことはできます。


ぶっちゃけ、わたしは、お金に困ることはないであろう命盤をしていますし、実際、今までもお金に困ったことってないですしね。
(自分自身では稼がなくても、何かしらのサポートや援助があった)


逆に言うと、だからこそ今も自分のポリシーを仕事の上で貫くことができるともいえるんですが、おそらくわたしの性格上、仮に借金をすることになっても、やりたくないことはやらないでしょうね。


だからこそ、こうしたサポートが環境というカタチで、天から与えられているのかなとも思いますが。

 

またこれだけ、いろいろあっても夫と離婚をしない理由もソコにありますしね。 

おそらく夫自身も、わたしをサポートすることが自分の役割の一つだと心得ているのだと思います。

そして父も父自身が納得が出来る範囲であれば(←ココめっちゃ大事)出来うる限り、わたしの望みをかなえることを考えてはくれる人です。

そしておそらくモトカレさんも、付き合っているときは、ずっとそう考えてくれていたと思います。



まぁわたしがなんだかんだいっても離婚をしない最大の理由はここにありますし、おそらく夫もそれがわかっているから、いろいろあっても離婚をしないのだと思います。
(もちろん先のことは、わかりませんが)

そしてモトカレさんは、わたしに対しての自分の役目は終わったと悟り、父はまだまだ、わたしに対して自分がすべき仕事が残っていると思っているのだと思います。



んー我ながら火星の逆行が終わったら、考え方もずいぶん冷静になってきましたね(笑)



まぁアレだ。

つまりは「箱入りワガママ娘で育てられると、それは一生変わらない」ってことですな。





*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。



わたしは、とにかく韓流ドラマが大好きなので時間をとって観るようにしています。

ただ韓ドラ好きな方は、ご存知かと思うんですが、ぶっちゃけ韓ドラはワンパターンな部分があるのは事実ですし、話数が多い作品も多いので、どうしても途中で飽きてしまうんですね。

なので、わたしは出来るだけ、いろんなジャンルの作品を同時進行で観ているのですが、その中のひとつ大風水。







これはタイトルからもわかるとおり風水師が主人公の話なので、とくにその色が強いんですが、韓流の時代劇なんかを観ていると、生年月日時(四柱)を使った占いは国家機密レベルで扱われていたことがよくわかります。


古典的な解釈がすべて正しいかどうかは別として(これには時代背景もありますからね)、やはり、これだけ長い間、廃れずに残ってきたものには意味があるのだと思います。


この大風水の中でも王の妾になろうと、王の四柱を盗み出して、王と最高の相性の偽の四柱をつくり、王宮に入り込もうとするストーリー展開がありましたからね。
(王の四柱を手に入れようとしたら、それは死罪に値する)

そのくらい過去には四柱を使った占いが重用されていたのでしょう。


実際、その人の四柱をみれば、その人が生まれ持った性質や考え方はもちろん、逆の見方をすれば、その人の弱点がわかるともいえますからね。

現代のような民主主義の世界では、そんなに大きな影響をもたらすことはありませんが、戦で国を盗るか盗られるか、という時代に於いて、王の四柱が国家機密だったのもうなずけます。

また世継ぎなどにも影響がありますからね。


とはいえ、わたしはこれらの古典的な占いの使い方や解釈の仕方が、すべて正しいとは思っていません。


これは先にも書いたとおり、まず第一に時代背景がまったく違いますからね。

同じ星でも解釈の仕方が違ってくるのは当然のことです。

また大風水の中のセリフにも似たような意味のシーンがありますが、「占いは、まず人ありきである」ということは大前提なわけで。


これらの大前提を踏まえた上で生年月日時を使った占いは、本当にとっても役に立ちますし、現代社会に於いても非常に使えます。


とくに四柱推命は社会的な能力をみるのに長けた占術ですので、人事や取引先や顧客など、個々への対応を知るには本当にとっても使えます。
(生まれた時間がわからない場合は三柱(生年月日)で命式をみます)



宿曜、紫微斗数、四柱推命、西洋占星術など、さまざまな占術が現代の世にも残っていますが、それぞれの占術には、やはり得意分野というものがあります。

その中でも太陽暦を使った四柱推命は男性的な占いともいえますから、とくに政治などにまつわる分野で重用されていたのは、ある意味、当然なのかもしれませんね。


※これは、あくまでもわたしの私的な感想であり、詳しい時代背景や歴史などは、まったく知らないのであしからず。



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。



 

◆今日のお月さま◆


うお座


BlogPaint



火星の逆行が終わり、太陽がおうし座からふたご座へ移動し、月は下弦の月となり、みずがめ座からうお座へと移動・・・と、ここ数日で天体の動きが変わり、生活面でも感情面でも変化が起きた人も少なくないと思います。

とくに人間関係で揉めたりイライラすることが多かった人は、ようやくひと段落したのではないでしょうか。


また、おうちでまったりのんびりと過ごす休日が落ち着いてリラックスできて最高!!と思っていた人も、一転して、ひとところに落ち着いていられなくなり、休日にはプチ遠出をしたくなったり、ダラダラゴロゴロのんびり休息よりも、趣味などの延長で新たな勉強を始めてみたくなったりと、何かしらの行動を起こしたくなる人も、この週末には増えてくると思います。


さて、そんな今日のお月さまは、W不倫者には天敵ともいえる(と、わたしは思っている)うお座の月。

彼の言動に振り回されたり一喜一憂したりと、とにかく感情の波が激しくなりそうです。

そしてそれがキッカケとなり、今まであなたの中にたまっていたものが爆発して、感情的に思ったことをそのまま相手にぶつけてしまうかもしれません。


もちろん相手に自分の言いたいことを伝えるのは決して悪いことではないのですが、今日は少しその要求があまりにも細かすぎて、その内容に相手も辟易してしまうかも。

さらに、そんな相手の態度が気に入らずに感情的になって、「もう別れる!!」など、すぐに後悔してしまうようなことを口走ってしまうかもしれません。


感情が不安定なときは、ついつい思ってもいないことを口走ってしまうものですが、人生には、その一言が取り返しのつかない一言になってしまうこともあります。

その一言が相手のココロを予想外に傷つけてしまうこともあります。


あなたの想いやキモチを相手に伝えることは大切ですし、またしなければならない努力ですが、感情的になって口にした言葉は、負の感情のみがぶつかって、相手に真意が伝わることはありません。


今日は、とくに感情の揺れ幅が大きく自分自身でコントロールするのが難しくなりそうですから、相手に対して口にする言葉は、一呼吸おいてから伝えるよう、心がけてみてくださいね。



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。














 

結婚と離婚をテーマにドロドロしそうな内容を、さわやかに描いたラブコメ「私たち結婚できるかな?」







韓流ドラマって、この手のテーマを描かせるとホントに上手だし、おもしろい。

一時期のブームで終わらず一つのジャンルとして残ったのは、日本のドラマはラブコメがヘタクソだからだとわたしは思っているくらい、赤裸々ラブコメは韓ドラの魅力の一つだと思っている。


そして4つのカップルが抱える、それぞれの事情を見ていると、必ず誰かしらの気持ちに自分のキモチもリンクしたり、さまざまな男性たちとリンクしたり、はたまた女手一つで育ててきた男勝りな母親の深すぎて常軌を逸した愛情は、自分の父親とリンクしたり、ワガママで見栄っ張りなお嬢様育ちの母親の心理は、自分的にもなんとなく理解出来たり。


この作品の中にW不倫カップルは出てこないけど、今、恋をしている方なら、必ず自分のキモチがリンクする部分や、自分の相手と登場人物の言動がリンクしたりするはず。


日本人にはない韓国人特有の感情の出し方は、ときに観ていてイラッとくることもあるけれど、だからこそ日本にはないラブコメのおもしろさがあるともいえるんだよね。

キレイゴトで終わらない本能むき出し感情のまま言葉を口に出すからこそ・・・の、おもしろさ。


ぶっちゃけ主役のチョン・ソミンは、どちらかといったら苦手な部類に入る女優さんなんだけど、そして相手役のソンジュンは美男バンドのときの方が比べ物にならないくらいカッコイイんだけど、(ホントに同一人物?ってくらい違って見える・・・ただ、あの低音ボイスで本人だってわかるけどw)そんなの関係なっし!!(by-ふなっしー)ってくらい、おもしろい


男女の心理を客観的に見ることで自分自身を振り返りたい人に、オススメの作品です 




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


 

公式サイトの方に菅野 萌への伝言板を設置しました。


コチラの方には当ブログや公式サイトへのご意見*ご感想などはもちろん、メール不着等で連絡がとれない場合の連絡手段として、(最近は、とくに問題がないので大丈夫だとは思うのですが念のため)また、その他お問い合わせなどに、ご活用ください。 


ただしコメントは承認制となっていますので、菅野 萌が不快に感じる内容の場合は(誹謗中傷はもちろんですが、こちらの状況や都合を無視した一方的な要望やクレームなど含む) 削除させていただきますので、あらかじめご了承ください。 




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


 

わたしは「W不倫専門占いカウンセラー」という肩書で今のお仕事をしていますが、これは決して「Wに限らず【不倫そのものを推奨しているわけではない】んです。


というか、ぶっちゃけ、あんなにツライものはないのだから、しなくて済むならそれに越したことはないと思っています。



ただ、わたしは不倫そのものを推奨もしない代わりに否定もしません、というだけです。


そして一番大事なのは「ご相談者さま本人が、どうしたいのか?」ということなんです。


ただ、ご相談に訪れる時点で、それがわかっている方は、まずいません。

というか、それがわからないからこそ、ご相談にくるわけなんです。

ですから、それをまず知ることから始めていきましょう、というのが菅野 萌の鑑定です。


わたしは「相手への愚痴や不満は、おノロケ鑑定で申し込んでください」と言っていますが、実際に鑑定を申し込まれる際には、その判断がご自分で出来ない状態なのも、わかっています。



ですから、その判断が自分で出来ない状態で通常鑑定を申し込まれるのは全然、構わないんです。
(ココとっても大事。今日の一番のポイント)



ぶっちゃけ、これは二度目以降の鑑定申し込みの方に向けたメッセージのようなものですから、本当に初めて菅野 萌の鑑定を申し込まれる方の場合は、通常鑑定で申し込まれて、まったく構いません。


その中で、わたしの方で「あぁ、この人は話を聞いて欲しいだけだな」と判断したら、「次は、おノロケ鑑定でも大丈夫かもしれませんね♪」と、やんわりお伝えするので大丈夫です(笑)
(場合によっては「それ、ただのノロケだよ」ってハッキリ言うこともありますが・爆)



ですから、もし今あなたが「自分は、どっちの鑑定で申し込んだらいいんだろう・・・」と迷っているのであれば、とりあえずは通常鑑定でお申し込みくださいね。


まずは自分が「ただ単に相手への愚痴や不満を吐き出したいだけなのか」それとも「本気で今の状況を変えたいと思っているのか」という自分の本心に気づくことから始めるのが、本当に大事な最初の一歩ですよ。



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。



わたしは家入一真さんを、すごく推しているんですがNHKで放送されたハートネットTVを観て

「わたしが引きこもりニート主婦時代に培ったSNS経験&ブログ執筆経験が今の自分に役立っているんだなぁ・・・」

と、しみじみ思いました。


もちろん、それにともなって得た財産、モトカレさんとの経験も大きいんですけどね。


モトカレさんとは某SNS(現在は閉鎖されています)で知り合いましたが、彼は本当にわたしの引きこもり生活をココロから心配していて、わたしを何とか外の世界に連れ出そうと一生懸命でしたからね。 


またそういう意味では、わたしの夫もわたしを外に連れ出すことを考えてくれていたとは思います。 

ただ、わたしとは根本的な考え方が違うので、しっくりくることは少なかったですが。



まぁ何はともあれ、こうしてわたしが大きな抵抗なくブログをつらつらと書き続けることが出来るのは、間違いなく引きこもり時代に得た財産といえますね。

SNSの日記やモトカレさんとのことを小説仕立てでブログに書いていたこともありますから。

またこうした経験が自分の公式サイトをつくる、ということに対して、専門的な知識はなくとも、ハードルを下げてくれたのは事実ですしね。


そのおかげで鑑定の依頼や取材、執筆の依頼などをいただくことに、つながっているのも事実ですし。
(今のところ取材も執筆のお仕事も結果的には、お断りしていますが)



正直、約10年近い引きこもり生活は永遠に続くかと思っていた時期もありましたが(といっても、そのうちの9年は折に触れてモトカレさんが外に連れ出してくれましたが)、そして今も基本的な引きこもり体質は変わっていませんが、あの10年の中で得た経験は今の仕事に十分すぎるほど活かされていると思いますし、あの10年があったからこそ今の自分がいるのだとも思っています。


わたしは、いつも「覚悟を持て」とブログで言っていますが、それは本当に必要最低限な次元での覚悟であって、このままだったら自分が壊れると感じたら、逃げる選択肢は必須だと思っています。


そもそもわたしが実父にいい歳して自宅兼サロンをおねだりしたのも、今住んでいる場所以外にも、逃げ場を確保する必要を感じたからですしね。
(アトピーの悪化なども、ココに通じる部分はあると思っています)



堀江貴文さんはじめ、わたしが心惹かれる人は橋下徹さんや家入一真さん、イケダハヤトさんなど、世の人々からの判断は○×分かれる人たちが多いです。

だからこそ、わたしは思うのです。



自分自身の引きこもり時代に得た財産は決して無にはなっていない、と。



ま、当時は、それがかけがえのない自分の財産になるなんて思ってもいなかったけどね




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。



先日とある集まりに参加して、その後に数人で飲みに行ったのですが、そのときに「萌さんは旦那さんと、どうするつもりなの?」という質問をされました。
(もちろん、そんな深刻な場ではありませんから酒の肴程度の質問です)

そこでわたしの口から出た答えは

「旦那から離婚を申し出られたら離婚する」

というもので、これは我ながら的を得ていて真理な答えだな、と思いました。

これは「夫から離婚を申し渡されないよう、自分のやりたいことをガマンし抑える」という過去のニート主婦時代には考えられない答えであり、これがわたしのホンネなのだなぁと。


つまり、わたしは自分がやりたいことをやれる人生ならばそれでOKであり、相手がそれについて来れないというのなら仕方ない、って考え方の人間ってことで、まぁこれはいわゆる世間でいうところの「身勝手な生き方」ということでしょう。



ちなみに、この集まりの前に所要があって実父に会ってきたのですが、前橋サロン(仮名称)については

「自分(父のこと)や母親のことで何かしらの不測の事態が起きない限り、予定している株の方で利益が出たら(父のライフワークは株というか相場)自分(父のこと)が考える予算に合わせて、実家跡地に自宅兼サロンを建てる、もしくは最寄駅近くに小さめの中古マンションを買う、という方向性で考えている」

という言葉をもらいました。


父曰く「オマエが独立することを考えているのなら、それは生き金になるからな」とのこと。


わたしの父は決して自分が納得することなく、お金を出してくれる人ではないですからね。

ただ単に「夫と離婚をするために、わたしの住む場所を確保してくれ」と頼んだら、間違いなく答えは「ノー」でしょう。


あとは、ひとまず父の言う「不測の事態」が起きないことを願うばかりです。



で、これが本当に実現すれば、今住んでいるところから近い場所ではありますが、夫との別居婚が可能になるわけです。

もちろん完全なる別居状態になるか、もしくは週に1~2回は今のマンションに戻ることになるのか、そんなのは先の話すぎてまったくわかりませんが、とにかく「ここしか居場所がない」という状況からは脱することができます。


これは、わたしにとって本当に意義ある大きな変化です。

そもそも「行き場がなくなった結果」の結婚でしたからね。
(夫との結婚の大まかな流れはコチラを参照)


こうなると、わたしの可能性は一気に広がるわけです。

そしてそこから、わたしはさらに自分が望む選択をし、行動します。

それに対して夫が納得できずに離婚を申し立てれば受け入れざるをえないですし、夫がわたしのやりたいようにさせてくれるのであれば、あえて自分から籍を抜くこともしません。

何度も言っていますが、籍を入れておくことでのメリットはありますからね。


でも確かにそう思っていたのだけれど、質問をされたときにスラッとそういう答えが出てきた自分に、「あぁ・・・わたしは本当にそう思っているのだな」ということに気づいたんです。


そして

「わたしは、あくまでもわたしのしたいように好きなように生きていく。
夫が、それについてこれなければ仕方ない」

という自分のスタンスを、ものすごい実感したんです、今さらながら。


ちなみにモトカレさんも、こういうタイプでしたから、わたしが自我に目覚めた以上、モトカレさんとうまくいくはずがないんですよね。

つまり別れるべくして別れたのだなぁと、意外な角度から改めて気づいたりもしました。



ちなみに、ぶっちゃけ夫が離婚を申し渡してくる可能性はゼロとまでは言わなくても、限りなくゼロに等しいと思いますけどね、、、

逆に離婚を申し出てきたら、少しは夫のことを見直すと思います。(惚れることはないけど)



それにしても「良い質問」(【良い】というところが大事)から得られる気づきというのは、本当に値千金の自分の本心ですね。


「萌さんと話すことで自分の本心に気づくことができる。自分のキモチを立て直せる」などと、ご相談者さまから言っていただくことが多いワタクシですが、自分の質問力の高さにも、少しは自信を持っていいのかもなーんて思ったりもしました



そもそも質問をすることが、わたしの仕事みたいなものですからね。

ときには、こうして質問をされる側に立つのも必要なことだな、と思いました。
(ちなみにわたしの父もモトカレさんも、良い質問をする名手です(でした))




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


ここ最近の、わたしの体調の悪さをブログで知って、近況報告がてら、メールをくださったご相談者さまがいました。

今のお仕事をしていて、こういうときほど嬉しいことはありません。

鑑定後の、ご相談者さまの変化をうかがい知ることも出来ますし、鑑定の後も、このブログを読み続けてくれているんだな、と思うと、本当にうれしいです。


こういう積み重ねで読者さん(ご相談者さま含む)との信頼関係を築いていくことが、このブログの役割ですからね。


とくに文末にあった「体調無理せずブログ更新して下さいね(原文ママ)」という言葉は、本当に本当にうれしいものでした。


そして、この方にお礼のメールを書いているうちに、わたしにとって、このブログの執筆は確かに仕事ではあるんですけれども、それと同時に、すでにライフワークになっているな、ということに気づきました。


つまり「今のこの仕事そのものが、わたしのライフワークなのだな」と。


もちろん、この仕事を始めるにあたり、素人として占いの勉強をしているときから「一生、死ぬまでやり続ける」というキモチで、わたしは前に進んできました。
(それを人にはわからないように隠していたけど)

 
でもリアルに今の仕事を始めて、それなりにカタチになってきて、さらにいろんな可能性を広げたりして、そういう中で知らないうちに、もうそれは当たり前のように、わたしのライフワークになっていたんだなって。


もちろん商売ですから利益が出なかったら話にはなりませんが、これが単純に「お金のため」にやるようになったら、 間違いなく、つまらなくなります、何よりも自分自身が。 


もちろん利益の追求は絶対的に必要なものですが、お金のために・・・となると、それは「ライフワーク」とは、いえないですからね。 



だって自分自身が楽しくないですもん。

自分が楽しくないことをやって、他人を笑顔に出来るわけないですからね。



もちろん日々、迷い悩みながら、わたし自身も生きているわけですが、こうして自分自身が楽しいと思えること、好きなことを仕事にしていられることは本当にしあわせなことだなぁと思いました。


自分の恵まれた環境に感謝ですネ。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


 

ときどき質問されることなんですが、菅野 萌の鑑定は

リピーターさま・もしくは菅野 萌のリアル知人(もしくはそれと同等の方)、またこれらの方たちから、ご紹介いただいた場合はW不倫・不倫などをふくむ恋愛相談以外のご相談にも応じます

としているのですが、このリアル知人と同等の方、というのがイマイチわかりにくいようなので、あらためてご説明しておきますね。



これはひらたくいうと今まで一度もリアルで会ったことはないけれども、SNSなどネット上での交流が一定期間に渡ってあり、それなりの信頼関係が築いていると 、お互いに思える間柄の方、という意味です。


まぁこの「お互いに思える間柄」っていうのはミソなんですが、これはわかりやすくいうと、菅野 萌の方からフォローをしていて、尚且つ3か月以上リムーブをせず、ときどきこちらから一方的にリツイートやコメントなどで絡んでいる方には少なくとも、わたしの方ではそれなりの信頼感を寄せていると判断していただいて構いません。



もしも、そういう方で菅野 萌の鑑定に興味がある方、もしくはお知り合いなどで菅野 萌の鑑定を試しに受けさせてみようかと思う方がいらっしゃいましたら、これらの方は、すべて「リピーターさま・菅野 萌の知人等の特別枠」に該当しますので、是非お気軽に、お問い合わせくださいね。



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。



ここのところ、ずっとアトピーの悪化で体調がイマイチだったんですが(プラス、原因不明のじんましんにも悩まされていた、、、)、今週は久しぶりに「体調悪悪週間」の名にふさわしい一週間でした。

ホント我ながら自分の身体の貧弱さには嫌気がさしますわ、、、


そして身体がこういう状態に陥ると「ホントに自分は一人でやっていけるのかな?」なんて精神的な不安にも陥ったりするわけです。


まさに負のループ。


そして今までは、こういうときに夫から言われる「身体が弱いんだからムリしない方がいい」って甘い言葉に逃げてしまっていたんです。


もちろん夫の言い分もわかります。

わたしを身近で、それなりの期間、見ている人は、みんな同じことを言います。

今までは、そんな自分の「か弱さ」を認めたくなくて「大丈夫!自分にだってできる!」と思いたくて、それらのコトバを聞き入れなかったけれど、今のわたしには、その意味もわかります。


また占いの勉強をしてからは自分の命盤や命式から、自分の体力のなさも自覚しました。



ですが、モトカレさんや実父は、こういう点で甘いことを言わないんですね。

むしろ厳しいくらいのことを言いながら、わたしの真意を読み取る努力をしてくれる人たちでした。


それは彼らが身強だから身弱なわたしの状態を理解できないからだ、ともいえるのですが、わたしの夫も彼らに負けず劣らずの身強ですから、この理屈がすべて当てはまるとは言えません。
(身強、身弱は四柱推命で判断します)



ぶっちゃけ、こういう言い方をすると身もふたもありませんが、夫の優しさは結局、自分のためなんですよね。

つまり、わたしが無理をしてダウンをすると自分が大変になるから、だったら最初から無理をしないでくれと。

また、そうやって自分を必要とされることで、自分の存在価値を感じている部分もあるのでしょう。

これはわたしの夫に限らず、世の中の大半の男性は、こういう思考だと思います。
(そして世の女性は、それを「やさしさ」と勘違いする)



けれども、わたしの父やモトカレさんは違いました。

わたしにとっては相当、基準の高い助言をしてきて(これが、わたしにとっては厳しいんだ!)それでいて甘やかすところは徹底的に甘やかし、必要なときは必ず手を差し伸べてくれました。
(実父に関しては、現在進行形ですけどね)


とはいえ、実際に日々を過ごす中では、夫のような人と一緒にいる方が楽なのは事実です。

しつこいようですが、だからこそ何度も離婚騒動を繰り返しながらも、結婚14年目に突入しているのです。


わたしに、そこから抜け出す勇気もチカラもなかったから。

しんどいときに甘やかしてくれる存在は楽ですからね。

大変な想いをしなくてもいいですから、自分がダメダメに偏っているときは、夫のような男性の存在は、とてもありがたく楽チンな存在です。


だからこそ、すべての現実から逃げきっていた最低最悪状態のときに、わたしは夫との結婚を選んだわけですから。
(夫と結婚することになったいきさつはコチラ


こうして体調が悪い日が続くと、わたしは、いつもの負のループに陥ります。


「やっぱり、わたしには離婚はおろか、別居婚すら無理なのではないか・・・」と。


なんだかんだで父をはじめとした周囲の人々から甘やかされて育ち、世間知らずのお嬢さんのまま、40代に突入したわたしに、そんなことはムリなのではないか。

ましてや、すぐに体調を崩してしまう自分に、そんなことはムリなのではないか、と。



けれども、最近は少し考え方が変わりました。

というか、この仕事を始めてから変わったといった方が、正しいかもしれません。


そもそもアトピーというのは精神的な要素が多分に影響のある難病の一つです。

そして、この夫の一見、心地よさそうな呪縛こそが、わたしのトリガーになっているのではないかと。



それが証拠に、父は少なくとも、わたしが自分の店を持ちたいといったことに対して、前向きに検討することを約束してくれました。

モトカレさんには最近では、だいぶメールをしなくなってきましたが(ようやく自分でコントロールできるようになってきました)、もしも、わたしが本気でモトカレさんに助けを求め、モトカレさんもわたしが本気で彼の助けを必要をしていると感じたら、何らかのカタチで必ず助けの手を差し伸べてくれると思っています。


けれども残念ながら、わたしの夫は、わたしが真に助けを必要をしているときには、冷たく見放すであろうことが、悲しいほど容易に想像がついてしまいます。


さすがに結婚生活が14年目ともなれば、そういうこともわかってきました。

そして、これはわたしにとって大きな大きな収穫といえます。
(だからこそ自立することを本気で考え始めた)



「どうして、やっと落ち着いてきたアトピーが、また暴れ始めたんだろう、、、」


ここのところ、時間があると、そんなことばかり考えていました。

「神さまが、オマエには独り立ちなんて無理だって言ってるのかな・・・」

そんなふうに弱気になることも一度や二度では、ありませんでした。

けれども、それとは反して「神さまは、わたしを試しているのかもしれない」とも思いました。


「オマエは本気で独り立ちをしようという覚悟は、あるのか?
アトピーのことに限らず、すべてが順風満帆にいかない可能性がいろいろあっても、
それに負けずに立ち向かっていく覚悟はあるのか?」
と。

そして「その覚悟が本当にあるのなら、オマエを出来うる限り応援しよう」と。


そんなメッセージが、今回のアトピー悪化に、こめられているんじゃないかと。



今度の日曜日、また所用があり父と会う予定があります。

このときに占いサロンの話が出るかどうかは、わかりません。
(その話のために会うわけではないので、出ない可能性の方が大)


けれども、ずっと疎遠だった実父とのつながりが、このタイミングで生じたことは、何かしらの神様からの後押しなような気がしてなりません。


だからこそ、わたしは絶対に負けない。

アトピーなんかに負けてたまるもんか。

そして何としてでも今の仕事を軌道に乗せて、自分の意思で選べる選択肢を増やしてやる!
(今は、まだまだ自分のチカラで食べていけるほどの安定感は、ないですからね)



そんなふうに思うのです。

どう考えても今の夫に対して、これから先も信頼感が持てる日が来るとは思えないから。



※もちろん夫のような男性の方が安心できていい、という女性も世の中にはいると思いますよ。
ただ、わたしにとって夫は、どうがんばっても信頼できない存在になってしまった、ということです。

そして、ここまでくると占術的にみてどうとか、そういう理論は、まったく役に立ちません。
何度も言ってますが、占いは「まずは人ありき」ですからね。

キモチがこうなってしまったら、どんなに占いの理論で抑え込もうとしても(コレとかコレとか)無理ですし、ムダです。
(その逆も、また然り)




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



ご意見、ご感想等はTwitterの@moe_suganoまで、お願いします。 
(すべてのご意見、ご感想等にお返事は出来ませんが、すべて読まさせていただきます)



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。



このページのトップヘ