菅野萌の占いは男と女の運命学

W不倫専門カウンセラー&ツインレイ研究家の菅野萌(すがのもえ)が、みずからの経験から学んだ男女論に占術的観点をからめて、あれこれ書いているブログです。

2014年03月

わたしが使用している占術の中のひとつに宿曜という占術があります。
(宿曜については公式ブログのコチラを参照)

宿曜の非常に優れた点は「人間関係の相性をみる」というものなんですが、宿曜の中の相性関係は大きく6つのグループに分けられています。

これらの区分された相性関係は単純に相性がいいとか悪いとかではなく、相手と自分の関係を知ることで

「どうやって相手と付き合っていくべきなのか?」

という指針を得ることができるんですが、この相性関係の中に「危成の関係」「安壊の関係」というものがあります。


この2つの関係は「危」や「壊」などの漢字からもわかるとおり、ちょーーーーーーっとだけリスキーな関係ではあるんですが、「成」や「安」の漢字からもわかるとおり、それでいて相手を欲してしまうような関係でもあるんですね。


そしてこの「危成の関係」と「安壊の関係」は、

「お互いにないものに惹かれあって急速に恋に落ちやすい関係」

なーんてことも言われたりしています。


そもそも男と女っていうのは自分と異質な者同士だからこそ、お互いに惹かれあうわけですからね。

そういう意味じゃ、確かに異質な本質を持った者同士が、そこに惹かれて急激に恋に落ちていく・・・なんていうのも納得がいきます。



ちなみにわたしが自分から(←ここポイント)「素敵だな」とか「好みのタイプだな」とか、「仲良くなりたいな」とか「寝てみたいな(←」とか思う男性は、この「危成の関係」か「安壊の関係」が圧倒的に多いです、ぶっちゃけ、ちょっと引くくらいに(笑)


実際モトカレさんとも「安壊の関係」でしたし、プロフィールに登場するAさんとは「危成の関係」でしたしね。


また、もっとぶっちゃけるなら、ここ数年の中で「素敵だな=寝てみた(ry」と思った男性は、すべて「危成の関係」か「安壊の関係」でした。
(調べたときはマジで引いたよ、ホント)


やっぱり「スリリングで刹那的なトキメキ(昭和なコトバだなー・笑)」を感じる相手は、「一緒に生活することは想像できない異質なタイプ」ってことなんですかね(笑)


また、この関係は「しみじみした穏やかな関係」には成り得ない関係ですので、お互いを知る努力、お互いを理解し受け入れていく姿勢、というものを常に意識していかないと、二人の関係を維持していくのが難しいのは事実です。

逆に言えば「お互いに自立しあった立ち位置で関係を築いていく」ことができれば、思いもかけない新しいことを成し得たり、ともに闘った戦友のような深い絆で結びつくことができる関係なので、自分自身が一皮むけるためには必要な相手ともいえるかもしれませんね



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ      

鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


おはようございます。
W不倫専門占いカウンセラー・菅野 萌です。




今日は個人的月末恒例行事のカラー&カットをしに美容院へ行ってきました。

実はワタクシ長年、通っていた美容院にちょっと思うことがあって、去年は美容院ジプシーに陥っていたのですが(コレが結構なストレスだった)ようやく「ここに通おう」と思えるお店に出会えてホッとしています 

ただですね、ここのところ夜遅くに食べる生活(もちろんお酒付き) が続いていたら、ここ数年、見たことのなかった数字に体重が到達したという現実がありまして

とくにカラーをしているときの自分の顔を鏡で見るたびに「ヤバイ、、、輪郭が変わってる、、、」と、かなりの危機感をおぼえました。。。

かといって急激なダイエットは長く続かないことも経験済みなので(ガマンをすると、必ず反動がおきる)

少しずつ段階を踏んで、生活リズムを見直していこうと思います。 






★本日の森のタロット★


1f0cd3b4.jpg



さて今日から3月ということで、今日は今月の全体運を占ってみました



ふむ・・・どうやら今月は、ようやく今までの無限ループから脱却することができそうですよ


過去への執着や甘えなどを断ち切り、彼との関係に区切りをつけることで、彼自身のことも冷静に、そして客観的に見ることが出来るようになり、あなたの中の価値観にも新たな変化が生まれそうです。


それは今まで「惚れた弱み」から見過ごしていた彼の実態に気づくことで、恋の魔法から目が覚めた状態になる、といった方が正しいかもしれませんね。


「恋は盲目」なんて言葉があるように、当事者のときには見えないことがたくさんあります。

また幸せだった過去への執着を「愛」と勘違いしてしまうこともあるでしょう。

ときに復縁や彼のキモチの再燃などに期待をしてしまうこともあるでしょう。


けれどそれは愛でもなければ恋ですらなく、あなたの欲望にしかすぎません。

だからこそ、それらの欲望を捨て去ることで見えてくるものが必ずあります。


ちょうど世間は決算期。

新たな恋を始めるためにも、今ある恋の赤字を来期に繰り越さないようにしましょう。



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ      

鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。



このページのトップヘ