菅野萌の占いは男と女の運命学

W不倫専門カウンセラー&ツインレイ研究家の菅野萌(すがのもえ)が、みずからの経験から学んだ男女論に占術的観点をからめて、あれこれ書いているブログです。

そもそもW不倫(ダブル不倫)って何?という方は

まず最初にコチラの記事をお読みください。

cf1311ef.jpg
おはようございます。
森の占い師*菅野 萌です。

わたしは現在、BSフジで再放送されている「大奥'83」を観ているのですが(当時わたしは12歳)、平成の現代では考えられないほど作品に登場するの数々の濡れ場シーンや入浴シーンに限定しない裸体の女性たちを見ていると、女優さんの体型の変化に時代を感じずにはいられません。

男性の俳優さんたちは総じて若かりしころの方がシュッとしているのに対し(これは自然の流れ)、女優さんのほとんどは加齢している現在の方が、明らかにスリムなんです。(というか今の方がガリガリの人も多い)


芸能人の方々が中年太りという老いにともなう自然の流れに逆らって節制しているのは、それが仕事だとはいえ本当にすごいと思うのですが、これは本当にわかりやすい「昭和」と「平成」の違いだなぁとドラマを観るたび思います。

またそれと同時に、平成の現代からみるとムダに多い数々の裸体シーンに、当時のテレビの自由さを感じます。

昔は親から「これを見たらもう寝なさい」と言われる家庭が多かったでしょうから、大人が観る時間帯と子どもが観る時間帯の番組のつくりがハッキリと分かれていたんでしょうが、今はそういう点でも時代が変わってきていますから、いろいろ難しいこともあるのだろうなと、某ドラマに於ける一連の出来事を見ていて感じました。


と、そんなドラマ談義をしたところで、それでは今日もまいりましょう。

本日の森のタロット★1月29日の運勢です




1ヶ月ほど前から始まったクリスマスや年末年始モードに伴い、さまざまな感情に振り回され、自分のキモチがわからなくなっていたような方は、ようやく不安定な感情の波に終止符を打つことができそうです。


あわただしくグルグルと自問自答していたキモチを落ち着かせ、自分が背伸びをしていたことや限界を超えてガマンをしていたこと。

彼を失いたくないからとずっとずっと無理に無理を重ねて抑えていたホンネ。

そんな無意識のうちに抑制し続け、自分でもわからなくなっていた自分の本当のキモチにようやく気づくことで、長かったトンネルから抜け出すことが出来るでしょう。


そこでようやく今ある家庭の大切さや自分を支えてくれている家族のありがたさに気づき、彼一辺倒だった世界に終わりをつげることが出来る人も多いと思います。


ただしここで気をつけたいのは、ここでまた無理をして、今度は【家族のために】という大義名分を理由に彼との別れを選んでしまうこと。


もちろんすべての方がそうだとは言いませんが、一度W不倫をした人は、再び同じことを繰り返します。

そしてそれは「家族のために」という、自分の本音を抑圧した理由でやめた人ほど、また同じことを繰り返します。



新たな無理は新たな歪みを必ず生みだします。

あなたに彼が必要ならば、それはそれでいいのです。



大切なのは「彼一辺倒」になるのではなく、彼も家族(夫)も愛するということ。



どうかそのことを忘れずに、一度きりのあなたの人生を楽しんでくださいね。




★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ   


鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。

b49a88d3.jpg
おはようございます。
森の占い師*菅野 萌です。


わたしが住む前橋は連日、ドン引きするくらい寒くて寒いのが大の苦手なわたしには本当に厳しい季節です。

ですが、よくよく考えてみると、夏は夏で猛暑にやられてげんなりしていましたから、暑さや寒さなどを理由にやらない言い訳をつくるのは、本当にただの言い訳にすぎないなぁと我ながら実感しています。


とくにわたしは天候や気候に左右されやすい人間なので(ダメ人間丸出し)、今年はそれらを言い訳にしないように出来るだけ気をつけようと思います。



さてそれでは今日もまいりましょう。

本日の森のタロット★1月28日の運勢です




1月も終わりに近づいて、さすがに年末年始モードからのモヤモヤを未だに引きずっていることに、「引っかかることは確かにあるけど、いつまでも考えたって仕方のないことだし!」と思われる方も少なくないのではないでしょうか。


実際どんなに悩んだところで、お互い家庭がある者同士の秘密の関係という事実は変わらないわけですから、その事実の前に自分がどう考えるかで幸せも不幸も決まるという真理に気づけるかどうかが、運命の分かれ道となります。


このことに気づけばお相手の配偶者や家庭はもちろん、ネット上などでみる他のW不倫カップルと自分たちを比べて落ちこむことが、どれほどムダで、またみずから不幸を選んでいるのかということにも気づくはずです。


そもそもW不倫は不毛な恋なのですから、深く考え出すとドツボにハマるだけで、まさに百害あって一利なし。


この事実に気づけば

「何かイマイチ気乗りがしなくて、バレンタインのチョコをどうしようか迷っていたけど、、、クリスマスもお正月も、もう過ぎたことなんだし、せっかくのバレンタインなんだから彼を喜ばせてあげよう

と、過ぎたことへの執着から新たな未来へキモチのベクトルも変わるはず。



いつまでも過ぎたことにこだわっていても、明るい未来は訪れません。

また他者と比べることは不幸の始まりでしかありません。

自分にとって本当に大事なものは何なのか・・・

失いたくないものは何なのか・・・

そして、それらを守るためには、どうすればいいのか・・・

何を大切にすべきなのか・・・

同じ考えるなら、そういうことを考えてみてくださいね



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ   

鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。

わたしとモトカレさんの関係は、わたしの公式サイトのプロフィールに大まかなことは書いてありますし、このブログでも何度か書きましたが、わたしには約9年ほどお付き合いをしたW不倫の相手がいます。

今後は、この男性のことを便宜上、当ブログ内では「モトカレさん」もしくは「モトカレ」という固有名詞で呼ぶことにします。


上記のことを踏まえた上で当ブログの記事をお読みいただけると、比較的スムーズに理解ができると思いますので、よろしくお願いします。



※2015年5月末、わたし自身の離婚から半年後に再会&復縁しました。



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ   


鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。

 

56a9dd4d.jpg
おはようございます。
森の占い師*菅野 萌です。

早いもので、もう1月も最後の週ですね。

ついこの間、年が明けたかと思ったら、もう1月も終わりなのですから、本当に時間の経つのが早くてビックリしてしまいます。


わたし個人としては、とりあえずお正月太りは解消したものの、まだまだお腹周りを中心としたダルダル感が本当にひどいんですよね。

あと背中のお肉とか。。。(重症)


こうなるほどの運動不足はじゅうぶんすぎるほど自覚しているので、とにかくたくさん歩くことを心がけて(運動音痴の運動ギライなので歩くことくらいしかできない)春までにはもう少し何とかしたいと思っています。

寒くて、ついつい動くのがおっくうになりがちですけどね。。。(弱気)


さて少し間が空いてしまいましたが、久しぶりにまいりましょう。

本日の森のタロット★1月27日の運勢です




去年のクリスマスから始まったW不倫特有の病み期間もようやく終わり、モヤモヤしたものが残りつつも、通常の日常モードに戻られた方も少なくないと思います。

それは一見、諦めや割り切り、また自分自身に無理やり言い聞かせてココロにはびこるモヤモヤを消化したように見えますが、現実にはあなたの心の闇の元として確実にそれらは蓄積されています。

その結果、寂しさと愛情の区別がつけられなくなり、彼のことが好きなのかどうかわからなくなったり、複雑な想いを抱えたまま、表面上は何も変わりなく彼との付き合いを続けている、という方も少なくないかもしれません。


けれども、そこで自分自身の本心から目をそらしても、そこから彼へのさらなる愛情が生まれることはありません。

心に蓄積されたモヤモヤ感を晴らすことなく、二人の関係が前進することはないのです。


ですから、自分の中にあるモヤモヤを相手に伝えることは、とても大切なことであり、また必要なことです。


そこには、お互いに家庭がある関係なのだからという理屈は通用しません。

それはどんな関係であれ、人として付き合う上で当たり前に存在することです。


とくに愛し合うということは、お互いのキモチを伝え受けとめ、話し合うことの積み重ねです。


今あるモヤモヤが手遅れになる前に自分の気持ちをしっかり彼に伝えて、年末年始モードからずっと引きずっている、心に巣くう重たい霧を彼にキレイに晴らしてもらってくださいね。



それすらしてくれない男性だったら、別れを視野に入れるのもアリですよ。



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ   

鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。

わたしは自分自身の経験から現在、W不倫をしている恋する女性たちへ向けて、過去に自分が犯してきた失敗から学んだことを、今だからこそ伝えられるメッセージとして占い師という職業を通じて、さまざまなカタチでお伝えしています。
(このブログもその一つです)

そしてそんなメッセージを伝える機会が増えるにつれ、

「もちろんW不倫という関係に於いて女性側の覚悟や深い愛情は必要だけれども、理屈どおりにならないオンナゴコロというものを男性の側にももっと理解してほしい。

また男性側のフォローが女性の不安や寂しさを緩和してくれるということを、もっともっと世の男性に知って欲しい」 

と思うことが増えてきました。
(おせっかいかもしれないんですけどね)


そこで今までは鑑定依頼も含めてブログなどを書くときも【W不倫をしている女性限定】というスタイルで基本的にやってきたのですが、これからは【W不倫をしているオトナの男女】 に対象を変えることにしました。


わたし自身、世の男性たちに知ってほしいことは山のようにあります。

とくに【W不倫】という不毛な恋愛をしている以上、 女性はもちろん、男性にもしっかりとした覚悟をもった上でW不倫をしてほしいと思っているんです。


わたしはW不倫とは「大人の本気の遊びの恋」だと思っています。 

この言葉の真意をどれほどの人に理解していただけるかはわかりません。

100人に1人、1000人に1人、 もしかしたら10000人に1人かもしれません。

けれども、わずかな率でもわたしのメッセージの根本が伝わり、(100%すべてが伝わるのは無理なことだとわかっていますからね) 何かを感じていただいて、そこから少しでもご自分を顧みて、ご自分を変えようとするキッカケになってくれればうれしいと思っています。



人生、一度きりですもの。

人間の本能を抑えつけるような(言葉は悪いけど去勢するような)理不尽な倫理や理屈にしたがってガマンをする必要なんてないと思います。

けれどもそれは自分勝手にワガママに身勝手に生きればいいということではありません。 

だからこそ必要な自制もあれば、自分自身を変えていく必要もある。



わたしは占いという道具を入り口に、そしてW不倫というフィルターを通じて、そのときそのとき「今のわたしだから言えること」を、これからは女性だけじゃなく、男性に向けても発信していこうと思います。


その結果、もしかしたら、そのうち【男性限定】に対象が変わるかもしれませんが、それは予定は未定ということで・・・
(本当に現段階ではまったくわからないですし、また違った対象者に的をしぼるかもしれないですし、先のことはまったくの未知数です

ひとまず当面は「女性限定」から「オトナの男女」と対象の幅を広げてみようと思います。


ということで、そのときどきでちょこちょこ活動方針や活動対象が変わっていくと思いますが、これからも森の占い師*菅野 萌ともども、菅野 萌のブログをどうぞよろしくお願いします


※試行錯誤でちょこちょこ変化のある公式サイトも、のぞいてやってくださいね



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ   


鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


9e4c57ae.jpg
おはようございます。
森の占い師*菅野 萌です。

いつも同じようなことばかり言ってしまいますが毎日、本当に寒いですね。

わたしが住む前橋は空っ風がすごいので、室内にいても風の音を聞いていると、それだけで寒さを感じて外に出る気が失せてしまいます。

でも実際に外に出ると確かに寒いのは事実なのだけれども、ちゃんと防寒対策をして外に出れば、意外とその空気に慣れてしまうものなんですよね。

おっくうな感情は何かをやろうとする気持ちを削いでしまうものですが、そこでほんの少し弾みをつけて「エイヤッ」と行動に移してしまえば何てことなかったり、むしろ行動してよかったと思うことが大半ですし。

わたし自身、ついつい寒さにかまけて巣ごもりしてしまいがちな毎日ですが、深刻なお正月太りを解消するためにも、「エイヤッ」とお散歩という名のウォーキングをするよう、今日から自分の背中を押していこうと思います


と、決意を新たにしたところで今日もまいりましょう。

本日の森のタロット★1月15日の運勢です




年末年始から3連休の流れで、今の彼への不満要素が募り

「彼よりもっといい人がいるかもしれない・・・」

そんなふうに思う方も少なくないかもしれません。

そしてそんな思いから新たな出会いを求めて出会い系やSNSなど、過去に出会ったやり方に再び手を染める方もいらっしゃるかもしれません。


そこで出会う新たなトキメキに、心踊る瞬間を感じる方もいらっしゃることでしょう。



けれどもそれは一時しのぎに過ぎないということもまた、あなたは過去の経験から知っているはずです。

そして最初はみんなマメにメールをくれるけど結局、同じパターンで終わるということもまた、あなたは知っているはずです。

そしてそれが何の解決にもならないということも。



相手が誰であっても、W不倫という関係である以上、必ず同じ壁にぶち当たります。

相手を変えてもそれは変わらず、その壁を乗り越えるには、あなた自身が変わるしかないのです。

逆に言うと、あなたが変われば誰と付き合っても、幸せなW不倫をすることができます。


ですから今ある不満は決して「彼に原因があるのではない」ということを、今一度、W不倫という関係性とともに、よ~~~~~く考えみてくださいね。




★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ   


鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


290e6910.jpg
おはようございます。
森の占い師*菅野 萌です。

それにしても毎日、本当に寒いですね。

今冬はまだ前橋は雪が降っていませんが(=積もっていない)、放射冷却の寒さは本当に厳しくて、だけどそのぶん夜空は本当にキレイで。


厳しい寒さがあるからこそ冬の夜空は美しい。


突き詰めていくと、この自然の真理が、すべての悩みの答えなような気がします。

まぁ実際に悩んでいるときには、そんな悟りの境地になんていけないから人は悩み苦しむんですけどね(笑)



と、薄っぺらいエセ哲学(?)のような発言をしたところで今日もまいりましょう。

本日の森のタロット★1月12日の運勢です




お正月休みが終わり、仕事初めで一週間働いた後の3連休は、身体的にもちょうどよいリズムだと思いますが、
W不倫をされている方の中には「また連休?!」と、うんざりされている方もいらっしゃるかもしれませんね。

また中には年明けの彼からの屈託のないあけおめメールに

「年末年始に寂しがったのは、わたしだけだったのね・・・」

と、せっかく彼と連絡がとれても、それがさらなるモヤモヤにつながっている方もいらっしゃるかもしれません。


また久しぶりに彼と連絡がとれて嬉しかったけど、、、と一人でぐるぐると悩みのループに陥り、相手の奥さまに対して言いようのない敗北感を感じてらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんね。


そんな気持ちを引きずったままの3連休は、年末年始のとき以上にW不倫という現実を思い知り、改めて彼の割り切りというものを痛感するかもしれません。

もしかしたらそんな彼のことを冷たい人だと感じる方もいらっしゃるかもしれません。



けれど、それがW不倫という関係です。

むしろ男性側にそのくらいの割り切りが出来るくらいのクールさやドライさがなければ、W不倫という関係で女性をリードすることは難しいともいえます。


よく女性は子宮でモノを考えると言いますが(わたしは、そのとおりだと思っていますし、コレは本当に名言だと思います)、とくに男女の関係に於いては、どうしても女性の側が感情に流されますから、男性側に理性がなければ、それこそ目も当てられない修羅場に化す可能性が跳ね上がります。


ですから男性自身がW不倫という関係に溺れないよう自分を律することで、あなたとの関係のバランスがとれているとも言えるのです。



本当に冷たい人ならば、あけおめメール自体を送ってきたりしません。

そこにはちゃんと、あなたへの愛があるのです。


彼の言葉に物足りなさや寂しさ、ときに冷たさを感じるかもしれませんが、コトバではなく彼の行動から彼の愛を感じとるよう心がけてみてくださいね。




★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ   


鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


わたしはいつも森のタロットの文章を書きながら

「こんなこと、そんなかんたんに出来るわけないよなー
出来ないからみんな悩んだり苦しんだりするんだよなー 

実際、自分がこれが出来ていたか?って思い返してみたら、
全然、出来ていなかったからつらかったし結局、彼とダメになっちゃったんだよなー」


と思っています。 


おそらくわたしのブログを読まれている方の中には

「そんな理屈どおりにできるわけないじゃん」

と思われている方も少なくないと思います。 



わたしもそのとおりだと思います。




でもね、やっぱりわたしは森のタロットを通じて自分が書いていることは、W不倫に於いて真理だと思っているんです。

逆に言うと、それが出来なかったから、わたしは彼と別れることになってしまったし、そのくらいの覚悟がなければ到底、続けられるものではないのがW不倫というものだとことを、わたしは自分の経験上、痛感しているんですね。 



なので、今ある幸せを大事にしてほしい。

わたしのようにダメにしてほしくない。 



そんな想いと願いをこめて、そしてそれらがまったく出来ていなかった、あのころの自分に対して、わたしはいつも森のタロットを書いています。


失ってから、その大きさに気づいても遅いんだよ。


そんなメッセージを常に背景に掲げながら。



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ   


鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。

 

700f3880.jpg
おはようございます。
森の占い師*菅野 萌です。

クリスマスから始まったお祭り&お休みモードも終わり、今日からまた通常モードの生活が始まりますね。

なかなかバチッとスイッチを入れるのは大変かもしれませんが、少しずつ身体をならして、また気を引き締めて毎日をがんばっていきましょう


ということで本年初の森のタロット★1月6日の運勢です


年末年始などの長期休暇はW不倫の現実をイヤでも思い知らされることも多く、通常モードに戻ったことを素直に喜べない方も少なくないかもしれません。

もちろん彼と連絡がとれることは嬉しいけれど、彼の声を聞いても、ついすねた対応をしてしまう・・・などという方もいらっしゃるかもしれませんね。

それが自分の甘えやワガママだとわかっていても、彼が家族とどんなお正月を過ごしたんだろうと考えただけで、理屈ではどうにもできないモヤモヤした気持ち。

彼を責めたところで、どうにもならない気持ち。

年末から続くそんなやり場のない苦しみは、まだまだあなたの心から出ていってはくれなさそうです。


けれど、いつまでもその気持ちを引きずっていたら、せっかくの久しぶりの彼との会話も本当にツマラナイものになってしまいます。

気持ちはわかりますがW不倫とは、そうしたつらさも含めて受け入れることができなければ到底、続けられるものではありません。

通常モードに戻って彼が連絡をくれるということは、彼の中にあなたが確実に存在している証。

モヤモヤした気持ちを消すことは難しいと思いますが、彼との出会いがあなたの人生の宝だと思うのなら、今日から始まる通常モードの生活リズムをどうか大切にしてくださいね。

W不倫は日常モードの中にある非日常の恋なのですから。




★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ   


鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


年が明けましたね。

みなさま、あけましておめでとうございます。

 

 

年末年始はW不倫をされている方々にとってイヤでも現実を知り、あれこれと思い悩み、つらく苦しい時期かと思います。

 

ですが、こんなときが定期的に訪れるからこそ【W不倫】という不毛な恋の現実を見つめ考え、誰にも言えないみじめな想いや苦しみなどを抱えながら、それらすべてを本当に自分が受け入れられるのかどうかを、自分自身に問いかける機会がもてるともいえます。

 

 

今年もそんなW不倫で悩める方々の道しるべの一つとなれるよう、地味なりにコツコツと活動を続けていこうと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 


★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ       


鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


 

0160263c.jpg
おはようございます。
森の占い師*菅野 萌です。

早いもので今年も終わり。

今日は大みそかですね。

わたしの大みそかは、もうここ何年もダウンタウンの笑ってはいけないシリーズ→ジャニーズのカウントダウンという流れで年越しをしているのですが、今年は久しぶりに紅白を見ようかなぁと思っています。
(もちろん「笑ってはいけない」は録画します


わたしは紅白とジャニーズのカウントダウンはリアルタイムで見なければ意味がないと思っているので(=録画はしない)、紅白を見るのは本当に久しぶり。

ぶっちゃけ出場歌手もまったく把握していませんが(AKBはさすがに出るよね?←ホントにわかってない)、番組途中の中だるみも含めて、今年は久しぶりに「紅白」という風物詩を堪能しようと思います。


それでは今日もまいりましょう。

今年最後の森のタロット★12月31日の運勢です。



年末年始だから連絡がとれないのは仕方ないってわかっているけど。。。

せめて年が明けて一番最初のメールは彼に送りたいし、一番最初のメールは彼からもらいたい。。。

と思っている恋する乙女のみなさまも多いことだと思います。(とても良いこと)


けれども現実は自分は年明け早々にメールを送っても彼からの連絡はナシ・・・もしくはメールを送ることすら、ご法度の方もいるかもしれませんね。


そんなガマンの積み重ねはあなたのココロに闇を落とし、改めてこの恋はさまざまな犠牲やガマンの上に成り立っている不毛な恋なのだと、新年早々暗たんたる想いになられる方も少なくないかもしれません。


そんなマイナスな感情はさらなるマイナスを生み、最終的には「自分ばっかり一生懸命でバカみたい…」と落ち込んでしまったり、言いようのない虚しさ、もしくはミジメな思いを感じてしまいそうです。


W不倫は報われない恋です。

それはどんなに目を背けたとしても変わらない事実であり、そのことを丸ごと受け入れ、今ある恋への覚悟がある人にのみ、続けられる恋なのです。


年末年始は、その現実を受け入れる貴重なチャンスです。


W不倫は口で言うほど簡単な恋ではないという現実を、 よ~~~~~く考え、認め、受け入れてくださいね。


その結果、自分にはムリだと思ったら、おりるのもアリですよ。



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ   


鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。



年末年始などの長期休暇に入ると、自然と夫と顔を合わせる時間や一緒に過ごす時間が必然的に増えて、ストレスがたまるわたし。

もともとわたしは「単身赴任最高」という考え方なので(ちなみに夫は単身赴任じゃありません)別居婚が理想なんですね。
(コレ占星術にもハッキリ現れているんですよ・・・)

そんなわたしにとって夫の長期休暇というのは憂鬱なわけでして・・・
(ちなみに夫は、わたしよりもよく家事をやってくれるので、余分な手間が増えるというわけではなく、完全にわたしの精神面の話)


そこで今日は「一人になりたい!」というイライラストレスを解消するために、わたしがいつも用いている発想転換の方法を、わたしのメイン使用占術である【紫微斗数】(しびとすう)を使って書いてみようと思います。



紫微斗数の命盤には12宮という、いわば12個の部屋があるんですが、(12宮については公式ブログに、かんたんな説明が書いてあります)その中の一つで配偶者を表すわたしの夫妻宮には【天相】という星が入っています。


【天相】とは服務の星であり、また自己犠牲ともいえる優しさを持ち合わせている星でもあります。 

これはつまり、わたしには穏やかで我慢強く、奉仕精神のある配偶者が必要だということになります。


そしてわたしの現在の夫はというと、まさにそういうタイプなんですね。
(真に穏やかかどうかはともかくとしてw 人との調和を重んじる傾向がありますし、我慢強く奉仕精神があるのは間違いない→サラリーマンにピッタリなタイプ)


ちなみに夫の夫妻宮には【武曲・七殺】という星が入っています。 

この武曲と七殺という2つの星は、とにかく自己主張が強く反骨精神旺盛な星で、またスピードと決断の星でもあります。 

これはつまり、わたしの夫には自我が強くワガママではあるけれども、そのぶんズバズバッと判断や決断ができる配偶者が必要だということになるんです。 

そしてわたしは、そのとおりのタイプどころか、わたしの命宮(その人の核となる宮)には【武曲・七殺】 の星が入っているんです。


ってことはですね、年があけたら結婚14年目に突入する我が夫婦、これまで何度も何度も離婚の危機を乗り越えてきた我が夫婦は、なんだかんだいって

【お互いがお互いのような配偶者を必要としている】

ということなんです。



もちろんお互いに人間ですから良いところも悪いところもありますし、悪いところが目につきだしたり、自分に合った結婚生活スタイルが保てないと、それぞれの中にストレスがたまることは明白です。

けれども結局、短所は長所の裏返しでもありますから、ムカつく部分や苛立つ部分は、それが利点となる場合もあるんですね。


たとえばわたしでいえば「何でそんなに自分の意志がないの?!」と夫にイライラしたとして、でもそういう人だからこそ、わたしのワガママや主張がとおるという一面もあるわけです。

仮に夫が「なんでウチの嫁は、こんなにワガママで自分勝手なんだ!」と思ったとしても(いや実際、思ってると思いますが)だからこそ夫自身が言えないことをわたしが代弁したり、夫が自分で決められないことをわたしが決めて、夫自身が助かっている部分もあるわけです。


そしてそれが夫とわたしの命盤にハッキリと現れている。

これぞまさしく夫婦の縁と言わずして、なんと言いましょう(笑)



わたしは自分の夫妻宮はもちろん、夫の夫妻宮も知ることで

なんだかんだいっても、お互いさま、もちつもたれつなんだなぁ・・・

ということを実感するようになりましたし、こう考えることで苛立ちを緩和させることが出来るようになりました。
(若干の時間はかかりましたが)



紫微斗数の命盤を使うと、こんなことをみることも出来ます。

興味のある方は是非一度、菅野 萌の鑑定を受けてみてくださいね



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   


鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。



3d0babf6.jpg
おはようございます。
森の占い師*菅野 萌です。

早くも年末年始モードにあれこれやられ始めているワタクシですが、今年は例年と違って自分の中に新たなビジョンや夢、また目標が生まれたおかげで、ずいぶん軌道修正が出来るようになりました。

いつまでもマイナスの感情を引きずっていても仕方ないですからね。

それよりは自分が楽しいと感じることをする、また自分が元気になれる人たちとつながりをもつことの方がより建設的ですし、違和感や拒絶反応をおこすことや人やモノは極力、避ければいいだけの話。

つまりはそんなことにこだわること自体が負けなのだなと思うようになりました。

世の中、勝ち負けじゃないっていう人もいますが、わたしは勝ち組になりたい人なので(笑)、自分の夢や目標をかなえるべく、出来ることからどんどん手をつけていこうと思います


と、まるで来年の抱負のような語り口になったところで、まいりましょう。


本日の森のタロット★12月29日の運勢です。




さっそく入った年末年始モード。

久しぶりに家族そろって過ごす時間が増えることで、改めて今ある現実の幸福に気づかされる方も多いと思います。

けれども、それと同時に

「家族も確かに大事だけど、彼との時間もやっぱり欲しい。

彼とまったく連絡がとれないと、彼は奥さんとどんなふうに過ごしているんだろう…とか考えちゃう…」


と思われてしまう方も少なくないことでしょう。


そんなキモチから、自分の家族との時間でさえ無意味なものに感じてしまったり、逆にそれらを忘れたくてムダにはしゃいでしまう方もいるかもしれません。

またそんなあなたを見て、あなたのご主人もあなたに対して何らかの違和感を感じてしまうかもしれません。


それらすべての原因は、あなたの心の乱れにあります。

人は鏡ですから、あなたがそんな想いを抱えていたら、ご主人だって、あなたに攻撃的になってしまいます。
(たとえあなた自身が、それらの原因が自分にあるということに気づいていなくても)


寂しいキモチやヤキモチを妬いてしまうのはわかります。

それらすべてを消す必要はありませんし、そもそもそんなことは無理でしょう。


とはいえ、それらを抑える努力は必要ですし、それがW不倫の代償のひとつともいえます。


この世に苦しまない恋なんてありませんが、とくにW不倫はそうした苦しみすべてを受け入れる覚悟がなければ到底、続けられるものではありません。


この年末年始はそれを今一度キモに銘じる良い機会だと心得て、しっかりと現実を受け入れ、その恋への覚悟を持つ機会だと思ってくださいね。


その結果、別れの選択ををするならば、それはそれでアリですよ。




※余談ですが、仕事であれ恋愛であれ何であれ、覚悟のない人は何をやってもダメです。
コレ真理。



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ   



鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


30c6633a.jpg
おはようございます。
森の占い師*菅野 萌です。

わたくしごとではありますが本日ワタクシ42回目の誕生日を迎えました。

クリスマスと大みそかの間というあわただしい季節の誕生日ですが、わたしは12月27日という数字の並びも含めて自分の誕生日が、とても好きです。

子どものころは学校で「誕生日おめでとう!」とクラスメートたちから言われる同級生がうらやましかったりしたんですが、こんなあわただしい時期だからこそ「おめでとう」のひとことに、その人のキモチを感じるんですよね。

忙しい中だからこそ感じられるキモチ。

そんなキモチに感謝ができる日。

ようやくそんなふうに思えるようになりました。

実際にケーキを食べるのは28日になりそうですが、一年ぶりのケーキを堪能したいと思います(笑)



さて、しばらく間が空いてしまいましたが、また少しずつ森のタロットシリーズも復活させていこうと思います。


それでは久しぶりにまいりましょう。

本日の森のタロット★12月27日の運勢です。




おそらく今日が仕事納めの方が多いと思いますが、それはW不倫カップルにとって現実を思い知らされるつらい期間の始まりでもあります。

連絡をしたいと思っても出来ないジレンマに陥ったり、通常モードの日常が恋しくなる人も多いことでしょう。


けれども、そんな寂しさや不満を感情のままに彼にぶつけてもどうにもならないことですし、あなた自身もまた務めなければならない年末年始の行事や雑事があるはずです。

「それはそうかもしれないけど…寂しいものは寂しいの!」というキモチは確かに素直なキモチかもしれませんが、それはやはりあなたのワガママです。

「好き」を理由になんでもかんでも自分のキモチをぶつけることが、素直な女性というわけではないのです。


W不倫とは、お互いの家庭あってのW不倫。

その根本は決して忘れてはいけません。

その根本を無視したワガママを受け入れてくれというのであれば、それはもうW不倫という恋愛そのものが成り立たなくなります。



彼は決して離婚はしません。

そしておそらくあなたも離婚はしません。



それは、お互いさまのことなのです。



どうかそのことをしっかりと胸に刻んで、明るくさわやかに「よいお年を!」と、気持ちよく今年の締めくくりをしてくださいね。



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ   


鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。


わたしは約9年もの間、ある男性とW不倫の関係をもっていました。
 
そしてその9年という長い歳月の間にはさまざまな出来事があり、それらの苦しみから逃れるため(完全なる現実逃避)、本命彼以外の男性とあれこれやらかしたコトもありました。


今日は、そんな本命彼以外の中の一人の男性とのことを書いてみようと思います。


この男性はハッキリ言って、なかなかのイケメンでした。(背は低かったけど)

そして本人もそのこと(=イケメンであること)を自覚しており、また仕事をバリバリやる自分に酔っているような部分もありました。

ちなみにこの方はバツイチで当時は独身でしたが、前妻さんとの間に息子くんが一人いて、前に住んでいたマンションは前妻さんと息子くんが新しい家を探すまでの間ということでひとまず明け渡し、現在の自分は狭いマンションに一人住まい。

ときどき息子くんと一緒に遊ぶことが楽しみなようで

結婚をしてよかったと思ったことは一つもないけど、息子が出来たことだけはよかったと思っている」

とおっしゃっていました。(っつーか、この発言どーなのって、同じ女として元嫁のことを思わず考えた)


ぶっちゃけ、わたしは彼の過去には何の興味もなかったんですが、「へーやっぱり男の人って息子がカワイイもんなんだなー」と思った記憶があります。

ちなみにこの彼とは同じ関東内の遠距離恋愛だったので、会うとなるとそれなりに時間とお金がかかるのが実情でした。

それでも数回のデートを重ねられたのは、ひとえに彼が独身の身であったことと、わたしもまた既婚の身ではあるものの、自由がきく環境にあったということでしょう。


正直、彼の言動にイラッときたり、思いやりのなさを感じることはあったというものの(まぁだから小さな子供がいるにも関わらず離婚をしたんだろうけども←奥さんが)概ね、デートを楽しむという点に於いては問題がなかったので、多少のことは目をつぶって、わたしも彼との逢瀬を楽しんでいました。


そんな彼との付き合いが、ひと月を過ぎたころでしょうか・・・
(どれだけ短期間に集中して会っていたか、今思い返すとよくわかる)

ある日、彼はわたしの街まで来ると約束をしておきながら、当日になっても本人はおろか、まったく連絡が来ないことがありました。

正直、わたしは前日に何の確認の連絡もこなかったので、とくに出かける準備もせずに自宅待機をしていたのですが、(この時点で既にこの男性のことを信じていない)コレ、約束していたのがわたしの住む街だったからよかったものの、逆だったらマジで最悪ですよね。


で、さすがに頭にきて「今日の約束はどうなってるの?」的なメールを送ったんです。
(出かける準備してなかったけど)

するとそれほど待つこともなく、今日は朝から急きょ仕事が入り、バタバタと忙しくて連絡ができなかったと返事がきたんです。



・・・100歩譲って、それが事実だったとしましょう。

でもそれって言い訳になりますか?

少なくともわたしは納得がいきませんでした。

この時点でわたしからメールをしていなかったら、彼から連絡がきていたとはとても思えませんでしたからね。

それに彼の文面から悪びれた様子も感じられず。。。


なのでわたしはその夜、細かい文面は忘れましたが、「本当に、あなたはわたしのことを好きなのか?本当にわたしと付き合いたいと思っているのか?本当にわたしと会いたいと思っているのか?」という趣旨のメールを送ったんです。(メンドクサイ女、上等だ!!)



するとほどなくして彼から返事がきました。


「萌が好きだよ。また萌と会いたいと思ってるよ。愛してるよ」




違う・・・わたしが欲しいのは、そんな言葉じゃない・・・



完全にわたしのキモチがドン引いた瞬間でした。



そしてわたしは彼にお別れを告げました。

わたしはもう会いたくないと。




まぁぶっちゃけ、しばらくしてから「やっぱり、ちょっともったいなかったかなー」と思うこともありましたが、仮にあそこで目をつぶっても、この男性とは遅かれ早かれダメになっていたでしょうね。



っつーか、小さな子供を抱えた状態で稼ぎのいい旦那さんとの離婚を選択した前妻さんのキモチが、同じ女性としてとても理解ができました。


やっぱり幼子がいるのに、それでもあえて離婚をするってことは、男性側に問題がある場合が多いんだろうなー


この彼は、そんな真理を教えてくれたヒトでした。


★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ   


鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。



このページのトップヘ