わたしはよく鑑定を通じて

「とにかく○○をしてみましょう。とにかく行動してみてください。そうすれば必ず変化が起こりますから」 

と、ご相談者さまに言うんですが、それに対しての反応を見ていますと、大半のご相談者さまが「変化」というものについて誤解されている気がします。 



たとえばですね、彼との関係が、なかなか進展しないことで悩んでいるとしましょう。

そのご相談に対して、わたしが「じゃあ、まずこれをやってみましょう」と、ご提案(これが宿題ですね)をしたとして、それはその行動を起こしたからといっても、そこから一気に彼との関係が進展しますよ、という意味ではないんですね。


わたしが言う変化とは、その行動を起こすことで、必ず、ご相談者さま自身に変化がおきますよ、という意味なんです。


そしてその結果、彼との関係にも少しずつ変化が生まれますよ、ということなんです。
 


つまり行動を起こすことで変わるのは、ご相談者さま自身なんですね。 

それをわたしは「変化」と呼んでいるのであって、このたとえ話でいうなら、彼との進展を指しているわけじゃないんです。



また変化というとみなさん、劇的な変化を想像もしくは期待しがちですが、実際の変化というのは自分では気づかないレベルのものです。

ハッキリ言って、人から言われなければ気づかないレベルのものです。

そんな自分自身で気づかないレベルの変化の積み重ねが、結果的に大きな変化、劇的な変化につながっていくんだよ、というだけのことなんです。



ときどき鑑定の終わりに「それじゃあ変化があったら連絡します」と言ったきり、パッタリ連絡をしてこなくなる方がいらっしゃるんですが、こういう方は確実に「変化」の意味を履き違えているんですね。


そして、そのことにご本人が気づかないということは、おそらくわたしが出した宿題をやっていない可能性が高いです。

たとえ、わたしが言ったとおりのことを、まるまるやらなかったとしても、わたしの鑑定をキッカケに、ご自分の頭で考え行動すれば、何かしら新たな気づきが得られるはずですからね。


それが、わたしの言う「変化」なんです。

その小さな変化=気づきの積み重ねが大きな変化へと変わっていくんです。


変化とは、そういうものです。


くれぐれも「変化」の意味を履き違えないでくださいね。



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★


にほんブログ村 恋愛ブログへ   


鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。