こういうお仕事をしていると、いろんな質問を受けるんですが、その中に「彼は、やさしい人ですか?」というのが結構あるんですね。

「好きなタイプの男性は?」と問われれば、おそらく世の大半の女性は「やさしい人」と答えると思いますから、こうした質問がくるのは、よくわかります。

わたしだって、やさしい男性が好きですからね(笑)


ですから、こうした質問をお受けすれば、ご相談者さまのお話をお伺いしていて客観的にわかること、また占術的観点からわかること、などを踏まえたうえで、わたしの口から伝えられることは伝えます。


でもですね、

「彼は、とってもやさしい人です!大丈夫です!安心してください!」

なーんて断言は出来ないんですよ。



そもそも「何を以て、やさしいとするのか?」という判断基準は、人それぞれですからね。




確かに占術的観点からみて、やさしい素養を持っている人というのはいます。

生まれながらにして持つ性質がキツイ人、強い人、激しい人、穏やかな人、というのは確かにあります。


でもですね、結局のところ、ご相談者さまご自身が、そのやさしさを感じなかったら、それは、ご相談者さまにとって「やさしい人」とは、ならないんですよ。


もしかしたら「じれったい人」「もどかしい人」となるかもしれませんし、もっと言ってしまえば、占いとは関係なく「オトナの男」のやさしさは、女性の側にも、それを感じるセンスが必要とされますからね。


さらに、もっとハッキリ言ってしまうなら、オトナの男性のやさしさというのは、女性の方もオトナの男性と同じレベルに成熟していなければ、そのやさしさを、むしろ「冷たい」と感じてしまうんですよ。


ですから、わたしが「それは彼の最大級のやさしさですよ」と、いくら言ったところで、ご相談者さまご自身が、そのやさしさを感じられる段階まで成長していなければ、そのやさしさは、ご相談者さまにとっては「冷たさ」になってしまうんです。




そもそも「やさしさ」というものは、人から説明されるものではなく、自分のココロで感じるもの。



占いを使うことで、その人が持つ「気質傾向」を知ることは出来ますが、 その結果とやさしさは別のもの、ということを忘れないでくださいね。  



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ      

鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。