えーとですね、これはケース的にリピーターさまが対象になるかと思うんですが、鑑定を通じて何度かお話をさせていただいていく中で、その方が占いに求めていることと、わたしの占いの使い方に、わたし自身が大きなギャップを感じた場合は、鑑定のご依頼をお断りする場合もあります。


もちろん100%お互いの求めていることが合致なんてことはありえないので、わたしの中で許容できる範囲であれば全然、構わないんです。

占いを使うことで、ご相談者さまのキモチを前向きに出来る、と判断すれば、わたしの方も出来る限り、ご相談者さまのご要望にお応えするよう、ご相談内容に応じて、占いを使っていきますし。



でも、あまりにも占いのとらえ方の方向性が、わたしのやり方とは違うな、とわたし自身が感じた場合は、次回以降の鑑定のご依頼を、お断りする場合もあります。

初めての方の場合でも、ご相談内容に明らかな違和感をわたし自身が感じた場合は、お断りする場合もあります。


菅野 萌の鑑定内容は「運命論をピタリと当てる占い師」ではなくて、「ご本人と、お相手の本質を知るために占いを使ったカウンセリング」といった方が正しいんですが、ご相談者さまからのご依頼内容をうかがっていると、このへんのギャップを大きく感じることが時々あるので、(「彼は、わたしの運命の人なのか?」「二人の出会いに意味はあるのか?」など)こうした断り書きも書いておいた方がいいと思ったので、ブログにアップしました。



※菅野 萌の鑑定では

「生年月日時(生まれた時間がわかった方がベター)を使った占いで、ご相談者さまご自身や、お相手の生まれ持った本質や思考傾向などを知ることで、どうして自分や相手は、こういう考え方をして、ああいう言動をとるのか?という、お互いの根本的な違いを知り、自分のことも相手のことも理解し、それらをお互いに受け入れあうことで、自分にも他人にもやさしく生きていく

ということを目的とした占いの使い方をしていますので(これはW不倫の関係のみならず、すべての人間関係に使えます)、いわゆるスピリチュアル的な内容の占いは、おこなっておりません。


ですから「彼とわたしの運命論」などをお知りになりたい方は、そうした趣旨で活動をされている占い師の方を、お探しください。



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ      

鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。