「ちょっと厳しい言い方をしすぎちゃったかな?」

「ちょっとキツイ言い方をしすぎちゃったかな?」


鑑定が終わった後・・・とくにご相談者さまのお顔が見えない電話鑑定の場合は、時間が経つにつれて、そう考えてしまうことが時々あります。 

まぁそれと同時に

「わたしが言ったこと(=宿題)を、ちゃんとやってるかな?」

と、厳しい顔が出てきたりもするんですが(笑) 


でもだからこそ、たとえわたしが言ったとおりの宿題をこなしていなくても、自分なりに考えて行動に移した、という報告をいただけると本当にうれしいんですね。
(というか、こっちのパターンの方が、むしろ良い)


わたしは何度も「菅野 萌の鑑定は宿題を出しますよ」と、脅すように言っていますが(笑)※詳しくはコチラの記事を参照


何も、わたしの言ったとおりに、丸々そのまんまやる必要なんてないんですよ。


あくまでも、わたしの提案(=宿題)は一つのカタチであって、それは確かに具体的な内容ではあるんですが、それを自分流に、どんどんアレンジするのはアリなんですよ。

わたしなんかよりも、ご本人の方が、お二人のことをよく知っているわけですから、それは全然アリなんです。
(さっきも書いたけど、こっちのパターンの方がむしろ良い)


大事なのは、わたしから宿題を与えられたことをキッカケに


自分なりに考えて、とにかく行動に移してみる



ということなんですね。

 
そもそも悩みの原因というのは、何も行動せずに一人でうじうじ悩んでいるところにあるわけですから、 その状況を打破するには、とにかく行動するしかないんです。 


その一環として、わたしに鑑定の依頼をする、ということも、行動の一つではあります。

まずは、その勇気と行動が変化への第一歩となるわけですからね。 

でもそこで、わたしから言われたことをまったく受け入れずに、何も行動しなければ(もちろん最初は反発したっていいんですよ、それが当然の感情でもありますから) 、結局、現状は何も変わらず、時間とお金のムダ遣いになってしまうんです。


そしてそれは本当に、とっても、もったいないことなんですよ。

せっかく勇気を出して高いお金も払って鑑定の予約を入れたのに、それらすべてを無にしてしまうのは本当にもったいないことなんです。


ですから、たとえ疑心暗鬼なキモチ、もしくは不安なキモチがあったとしても、わたしから出された宿題を自分の頭で考え、自分なりのやり方でやってみる。


これが本当に大切なことなんです。



何事にも段階があります。

それは本当に一歩一歩、時間をかけて進んでいくものです。

わたしだって公式サイトのプロフィールに、あそこまでぶっちゃけるのに10ヶ月以上かかったんですから(笑)

自分の顔写真を公式サイトに載せる勇気を出すのに、1年以上かかったんですから(笑)

そもそも【W不倫】というキーワードで、この仕事をやっていく、という覚悟を持つのにでさえ、半年以上かかったんですから(笑)



ゆっくりでいいんです。

何も焦ってコトを進めようとする必要なんてありません。


ただし何も行動せずに一人で悩んでいても現状は変わりません。

ほんの少しでいいです。

まずは最初の勇気を出して、菅野 萌の鑑定を申し込んでみてください。 


そして、まずは今ある悩みの現状を、一緒に把握していくことから始めましょう。

そうして頭を整理することで、少しずつあなた本来の思考が動き出すはずですよ。




★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ    

鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。