突然ですが、わたしの夫は、おうし座です。

この「おうし座」というのは、夫が生まれた日に太陽が位置していた星座を指していまして、この「太陽星座」がいわゆる「星占いの星座」になります。

そして星占いというのは厳密に言うと、「月星座(※1)」「水星星座」などなど、全部で10個の惑星が位置していた星座があるんです。

とくに「月」というのは、衣食住などの日常生活はもちろん、その人のベースや感情パターンなど、本人が無自覚なクセのような部分をつかさどっています。

また月には「母親」の意味もあるんですが、とくに男性のチャート図の場合「妻に対する態度や接し方」としてみることもできます。 


ここで再び、わたしの夫を例にすると、夫の月星座は「うお座」になります。

つまり、わたしの夫は妻への態度や接し方に「うお座的要素」がある、ということになります。

うお座というのは感情の起伏が激しい部分があるものの、非常に情緒的で心優しく人情味にあふれ、寛大に受け入れる包容力や、自分を犠牲にして他人に奉仕するなど、無償の愛を注ぐという、強い主体性がないぶん、非常に心優しく愛情に満ちた性質を持っています。


ということは、つまりわたしの夫は

「妻に自分の我をおしつけることなく、非常に心優しく愛情に満ちた接し方をし、また妻を支えることに喜びを感じる性質を持つ」

と、みることが出来るんです。


また、わたしの夫は木星もうお座にありまして(木星星座=うお座ということ)木星の持つ意味としては「援助・幸運・発展・寛大・善の意識・容認」などが、あげられるんですね。

っていうか、これって、なかなかいいキーワードじゃないですか?(笑)


わたしの夫は、そんな木星と月が同じうお座の位置に入っているんです。

また占星術には「アスペクト」という、いわば惑星同士の縁みたいなものがあるんですが、わたしの夫の場合は、この月と木星が0度(コンジャンクション)という角度を形成しているんです。

コンジャンクションの特徴としては2つの星の特徴が重なってお互いに強め合い、無意識のまま、その星の持つ特徴を強いパワーとして発揮するんですね、それも本人は、かなり無自覚のままに。
 

つまり、わたしの夫は本人も無自覚のままに、妻(=わたし)は善意の人であり、そんな妻を援助し支え、また妻のやることに対して寛大であり、非常に献身的に妻をサポートし、妻の気持ちを常に考え、理解し、受け止めようとしている、ということなんです。

それも「ま、いいか」的なのんきで大らかな楽天さで(笑)


実際にわたしの夫のことを話すと、たいていの人は驚くんですね。

あまりにも奥さん(=わたし)に対して寛大であり、また献身的で奉仕的なので(笑)
(こう言うと、ものすごくいい旦那さんっぽいですが、ズレてる部分もかなりあります



だけど、わたしの中に夫への猜疑心があったときは、そんな夫の言動を素直に受けられなかったんですね。


むしろ、その言動の裏に他の意図があるんじゃないかとか、いろいろ疑ってかかっていたんです。

まぁ結婚した流れが流れなだけに仕方ないのかもしれませんが。
(結婚の流れについてはコチラを参照)


でも一緒に暮らしていく中で、少しずつ「あれ?自分が思っていたのと少し違うかも?」と夫に対して感じることも増えてきたんですね、さすがに結婚14年目ともなれば。

それでも夫を信じきることができず、、、という繰り返しだったんですが、占星術の勉強を始めて、この事実に気づいたときは愕然としましたね。


「世の中に本当に、こんな人が存在するのか!!!」って(笑) 


実際わたしに占星術を教えてくださっている先生からも「よくこんなの見つけたねーこれは本当にお買い得だよ」と、しみじみと感心され、太鼓判を押されたくらいですから(笑) 


紫微の命盤からも納得できることは多々あるんですが、 西洋占星術のホロスコープからも、また新たな一面を知ることができ、ますます夫への猜疑心がなくなったワタクシなのでありました(笑) 
(しつこいようですがズレてるところは、かなりあります



菅野 萌の鑑定では、こうした「その人の持つ本質や傾向」などを見ながら、相手のことを知り理解することで、なぜこの人は、ああいった言動をとるのか?この相手とどうやって付き合っていったらいいのか?ということを一緒に考えていきます。


彼とのことはもちろんですが、ご主人のことも、ひととおりは知っておきたい、という方も、是非一度、菅野 萌の鑑定を受けてみてくださいね。 


幸せなW不倫の大原則は円満な夫婦関係にアリですよ。 
(ただし、この場合も基本はリピート前提で申し込んでくださいね)



※1・・・月星座は生まれた時間がわからないと正確な位置がわかりませんが、
12時(正午)を生まれた時間と仮定して、おおよその位置を知ることは可能です。



★読み終わって「この記事いいな!」と思ったら、
どちらかのバナーをクリックしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 恋愛ブログへ      

鑑定のご予約、メルマガの登録、その他お問い合わせは
菅野 萌の公式サイトからお願いします。