しあわせなW不倫をしたいあなたへ☆菅野萌の占いは男と女の運命学

池袋在住のツインレイ研究家・恋愛コンサルタント・経営者専門鑑定士・菅野萌(すがのもえ)が、みずからの経験から学んだ男女論に占術的観点をからめて、あれこれ書いているブログです。

そもそもW不倫(ダブル不倫)って何?という方は

まず最初にコチラの記事をお読みください。

わたしは基本的にW不倫を肯定も否定もしません。

「結婚しても女でいましょう!」なんてオススメするつもりもなければ、「結婚しているのに、ほかの男性と関係を持つなんて」と非難するつもりもありません。

ただひとつだけ言えることは、配偶者以外の異性に惹かれる状況を冷静に一度、考えてみてほしいということなんです。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


これはホントにそもそも論になってしまうのですが、ご主人以外の男性に心が惹かれることじたいは、生身の人間としてあたりまえのことだとも思いますし、そのことじたいは自然の摂理としてしかたのないことだとも思うんです。

でもそこで理性を超えて一線を超えるというのは、やっぱりご主人との関係がそれなりの状況であることも少なくないんですね。

それが離婚を考えるほどまでにいっているケースも多々ありますし、なかには離婚という選択肢はないけれど夫婦仲がうまくいっていない、もしくは完全に冷えきっているケースも少なくありません。

そこで真剣に考えてほしいのが、やっぱり「ご夫婦の関係」なんですよね。

もちろんW不倫をすることで、精神的なバランスがとれて、それで夫婦仲がうまくいくのであれば、それはそれで全然いいと思うんです。

むしろ、それこそがダブル不倫の価値ともいえますし、彼ともご主人ともうまくいってメンタルも日常も安定するのであれば、何の問題もないとわたしは思います。

でも現実には、そういうケース、すごく少ないんですよね。

たいていは彼とのことで悩む、もしくは夫婦関係も彼との関係も、どちらも悩みやストレスの原因になっている・・・というケースも、ほんとうに少なくないんです。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


だからこそわたしは真剣に考えてほしい。

彼とのことも、もちろん大切ではあるけれども、なによりもあなた自身の人生をどうしたいのかを。

そもそも、たとえ心の中で誰かを好きになることがあったとしても、日常を大切に想う気持ちがあれば、やっぱりソレを行動に移すことって基本的にはないんです。

でもそこでソレを行動に移すってことは、やっぱり夫婦関係になんらかの問題がある。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


だからね・・・

わたしはあなたに真剣に考えてほしい。

あなた自身の人生のことを。

それはなにもご主人と離婚をしろとか、そういうことを言っているわけじゃない。

ましてやW不倫の彼との将来を夢見ることなんかじゃない。

それこそ、そんなの夢を見るだけバカげてる。

男性は、そうかんたんに離婚なんてしない。

そういうのもひっくるめてね。

あなたの人生をどうしたいのか。

ご主人との今後をどうしていきたいのか。

そこをね、真剣に考えてほしいなと思います。




★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2017年に音声で補足・追加などをお話しています。

 

大事なのは「とことん」と「執着」のちがいを知ることですね。

 

終わってしまった恋を忘れられない。。。

 

まだハッキリと終わったわけではないけれど、あきらかに彼のキモチが冷めてきたと感じる。。。

 

いったいこの苦しい想いやミジメな想いを、いつまで味わわなければならないのだろう。。。

 

どんな恋愛でもそうですが、とくにダブル不倫という不毛な関係に於いては、こうしたキモチになることも少なくないと思います。

 

また幸せだったころへの執着から、なかなかあきらめることや手放すことができない人も多いことと思います。

 

たしかに無理やりその恋を忘れることもあきらめる必要もありませんが、やはりどこかで見切りをつけることは必要です。

 

これは恋愛にかぎらずどんなことにもいえますが、人生を生きていくうえで「引き際を知っている人と知らないヒト」では天と地ほどの差が生まれます。

 

もちろん自分自身が納得するために、とことんやりつくすことは必要です。

 

これだけやってダメだったのだから、というあきらめがつく一つの手段にはなるでしょう。

 

ですが、やはりそれは執着に等しい感情なのが現実。

 

また執着は執着を生みますから、 そこからドツボのループにハマって、「とことん」と「執着」を履き違えてしまうケースも少なくないのです。

 

確かに自分自身が納得することは大切ですし、そのためにとことんやりつくす過程も大事です。

 

ですが、それらが結果として執着の極みにならないためにも、タイムリミットを設けるなどデッドラインを決めて、ズルズルダラダラとそれらを引きずらないようにしましょう。

 

失ったものや変化した相手の気持ちが、元に戻ることはないのですから。

 

 

【法則:38】引き際を知る。

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2017年に音声で補足・追加などをお話しています。

 

大事なのは「とことん」と「執着」のちがいを知ることですね。


【しあわせになるW不倫の法則*38】引き際を知る(音声)


★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2017年に音声で補足・追加などをお話しています。

 

今回は、かなりタイムラグを感じる法則でしたので、音声の内容はまったくちがったものになっています。

 

むしろ、こういう労力をつかわずに済むやり方で、コミュニケーションをとっていこう、ということですね。

 

 

W不倫カップルの連絡手段は、どうしてもスマホ等を使ったメールやLINEなどが多くなると思います。

 

その中で連絡可能な時間など、それぞれのカップルによって都合もあるでしょう。

 

もちろん一定のルールをお互いの中で取り決めるのも悪くはないのですが、いちばんいいのは相手との会話の中で相手の生活リズムやパターンをある程度、把握すること。

 

相手が口に出さずとも、相手にとって都合の悪い時間や都合の悪い連絡手段があるかもしれません。

 

それらを自分から訊きだすのはもちろんのことですが、相手に言わせると、どうしたって二人の間の空気はギクシャクしてしまいます。

 

あなたが連絡をとりたい気持ちはわかります。

 

またこまめに連絡をとることは、とても大事なことです。

 

ですが、そこはやはりW不倫。

 

いつでも好きなときに連絡をとれなのが、暗黙のルールであり、それらを会話の中に登場させないのが円滑なコミュニケーションのキモなのです。

 

相手との会話から相手の生活リズムは、おおよその見当はつきます。

 

その中でできうるかぎりの想像力を働かせて、相手の負担にならない連絡手段でコミュニケーションをとりましょう。

 

くれぐれも相手の口から都合の悪い時間帯や連絡手段を言わせないように。

 

 

【法則:37】相手の状況を想像する

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2017年に音声で補足・追加などをお話しています。

 

今回は、かなりタイムラグを感じる法則でしたので、音声の内容はまったくちがったものになっています。

 

むしろ、こういう労力をつかわずに済むやり方で、コミュニケーションをとっていこう、ということですね。


【しあわせになるW不倫の法則*37】相手の状況を想像する(音声)


★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2017年に音声で補足・追加などをお話しています。

 

どんな関係であれ、人間関係を築くうえでコミュニケーションというものは、とても大切なものですが、とくになかなか会う時間がとれないW不倫の関係に於いては、日ごろのこまめなコミュニケーションはとても大切なものになってきます。

 

今はLINEやメール、ショートメッセージやSNSのメッセージ機能など、いろんな連絡手段がありますから、どれを使うかはそのカップルによって違ってくると思いますが、何より大事なのは、とにかくこまめに連絡をとること。

 

それは何も毎日毎日、決まりきったおはようメールを送るとか、型にハマったことではなく(むしろ型にハマった連絡の取り方は危険です→【法則:31】習慣化させない) 、なんでもいいから自分が相手に伝えたいことを伝えたいときに伝えればいいのです。

 

そこにルールは存在しません。

 

どんな小さなことでもかまわないから、相手に自分の日常を報告をすることが大切なのです。

 

そうした小さな報連相(ほうれんそう)の積み重ねが相手とのコミュニケーションにつながり、それらを紡いでいくことによって、 お互いの日常の中にお互いが溶けこみあい、そこから信頼関係が生まれ、ふたりの絆は深まっていくのです。

 

連絡が疎遠になれば、どんなに愛しあっているカップルでも、キモチが冷めていくのは当然のこと。

 

なかなか会えないW不倫カップルこそ、こまめに連絡をとることが大切なのです。

 

それは何もダラダラと長いメールである必要はありません。

 

また長時間にわたる長電話である必要もありません。

 

たった数行のメールでも、たった数分の電話でも、とにかくこまめに連絡をとることが、仲良しカップルになるための唯一の秘訣なのです。

 

そのためのネタを、いちいち探す必要などありません。

 

あなたの日常の中で起きていることなら何でもいいのです。

 

それがリアルタイムのことであるならば、それでかまわないのです。

 

どんな小さなことでもいいですから、とにかくどんどん彼に報告をして、どんどん小さなコミュニケーションを積み重ねていきましょう。

 

また男性の側も、そんな彼女からの小さな報告を、けっして無視しないように。

 

ダラダラと長い返事を打つ必要なんてないのですから、相手に対するキモチがあれば即答はムリでもできるはずですよ。

 

 

【法則:36】小さな報告をたくさんする

 

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2017年に音声で補足・追加などをお話しています。

 
【しあわせになるW不倫の法則*36】ちいさな報告をたくさんする(音声)


とにかく「点」を増やさないことには始まらないんですよ。

 

男女ともにね。


★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2017年に音声で補足・追加などをお話しています。

 

これは本当に勘違いされている方が多いんですが、工夫と駆け引きは違うものです。

 

たとえば相手からメールがこないことに不満や不安があったとして、いつも自分からばっかり連絡するのは悔しいから、相手から連絡がくるまで、こっちから連絡をしない!と宣言するのは、とても幼い次元の駆け引きであり、またそれは終わりのみえない消耗戦への入り口ともいえます。

 

そんなことにムダなエネルギーを使うくらいなら、「どうやったら相手が連絡をしてきたくなるのか?」ということを考え、そこに知恵を絞って工夫をこらしていく方が、はるかに建設的、かつ健全です。

 

どんな人間関係に於いてもいえることですが、とくに男女の間に於いて素直に勝るものはありません。

 

そこにムダな駆け引きをしかけたところで、イタズラに神経を消耗し、ますますイライラしていくだけです。

 

そんなことにエネルギーを注ぐくらいなら、あなたの素直なキモチを相手にどうやって伝え、またそうすることで相手のキモチも盛り上げていくことができるのか、ということを、あなたの頭で考えられることすべてを実行していく方が、実際の二人の関係を良好にもっていける確率はヘタな駆け引きをするより断然あがります。

 

 「素直に伝える」ということは、なにもあなたの感情のままに、すべてをストレートにぶつけるということではありません。

 

そこに考えられるだけの知恵をしぼって、頭をひねって、工夫していくことが大切なのです。

 

自分の感情にまかせた幼い駆け引きをするくらいなら、どんどん頭を使って工夫していきましょう。

 

 

【幸せになるW不倫の法則:35】駆け引きじゃなくて、工夫をする

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2017年に音声で補足・追加などをお話しています。

 
【しあわせになるW不倫の法則*35】駆け引きじゃなくて工夫をする(音声)

 

工夫はもちろん大事なんですけど、最強はコレだよな!ってのに、この2年ちょっとで気づきました。

 

もちろん、すべてはバランスなんですけどね。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2017年に音声で補足・追加などをお話しています。

 

既婚であれ独身であれ、恋愛に於いてすべてにいえることですが、とくにW不倫という関係に於いては、こんな関係だからこそ感情のままに動いてはいけない、言いたいことを言ってはいけないと、自分のホンネを抑えたりガマンしたりしてしまう方が本当に多いのが現実です。

 

もちろん抑えなければいけないこと、言ってはいけないこと、ガマンをしなければいけないことというのは、当然のことながら山のようにあります。

 

何度も言っていますが、W不倫は独身同士の恋愛とは違うのですから、これはもう当たり前すぎるほど当たり前の話です。

 

ですが、それと自分のキモチを相手に伝えることは違います。

 

会いたければ会いたい、寂しければ寂しいと伝えることじたいは、なんら問題はないどころか、むしろ、そうしたキモチを伝えなければ、相手もあなたがどう思っているのかわかりません。

 

またそうした女性側のキモチを受け止めることが男性の役目であり、そんな彼女のキモチを受け止めることができないのであれば、そもそもそんな男性にW不倫をする資格などないのです。

 

W不倫は確かにガマンをしなければいけないことが多い関係です。

それは確かに紛れもない事実です。

 

ですが、それゆえにガマンをすべきところを、勘違いしやすい関係ともいえます。

 

あなたが思っていること、感じていることを彼に伝えることは、けっして間違った行為ではありません。

 

あなたの中にある寂しさ、不安、不満など、思っていることは、どんどん彼に伝えましょう。

 

 

【幸せになるW不倫の法則:34】ガマンのポイントを間違えない

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2017年に音声で補足・追加などをお話しています。

 

【しあわせになるW不倫の法則*34】ガマンのポイントを間違えない(音声)

今回の内容は、いつにもまして、テキストとぜんぜんちがう内容のお話になってしまいました(笑)

 

やっぱり法則をつくってから2年以上経つと、普遍的な部分は変わらないというものの、わたし自身の考え方も変わりますよね、いろんな経験を積みかさねれば(笑)



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

【今回の法則は男性向けの内容です】

 

女性にとって男性から言われて一つもいいことのない言葉が「ごめんね」という謝罪のコトバです。

 

もちろん本当に謝罪が必要な場面ならば謝ることは必要ですが、本当に謝罪が必要な場面というのは、実際にはそうそうありませんし、また努力次第では、それを極力、減らすこともできます。

確かにW不倫という関係は、ふたりだけの時間をつくるのが、大変な関係かもしれません。

 

ですが、そんなことは最初からわかりきっていることで、そうした努力をお互いに(←ココ大事)続けることが、お付き合いを続けていく上で大切であり、必要なことなのです。

 

そのための努力を放棄して「ごめんね」を多用するのは、自分の努力不足を謝罪のコトバで濁しているだけです。

 

「ごめんね」と謝られたら女性の側も、それ以上、強く責めることはできませんからね。

 

 

また、こういう男性にかぎって、本当に謝罪が必要なときほど、「ごめんね」を言いません。

 

つまり「ごめんね」を多用する男性は、基本的に自分に非がないと思っている男性なのです。

 

 

女性があなたに望んでいるのは、謝罪のコトバではありません。

 

「ごめんね」と言う前に、彼女の望みに応えるべく、出来うるかぎり最大限の努力をしましょう。

 

 

【幸せになるW不倫の法則:33】「ごめんね」と言わない

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

※冒頭に【今回の法則は男性向けの内容です】と書いてありますが、実際に音声を聴くのは、おそらく女性のほうが大半だと思いますので、音声は女性に向けた内容でお話をしています。



【しあわせになるW不倫の法則*33】ごめんねと言わない(音声)



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


 

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

わたしは人生を生きる上で、やることとやらないことを決めています。

 

その基準は「自分がやりたいことだけをする(=自分がやりたくないことは、やらない)」という、ごくごくシンプルなものですが、実際にはこれができずにさまざまなストレスを抱えたり、過剰な負担を抱えている人が多いのが現実です。

 

ですが、どこかでこの判断基準をもたないと、ことW不倫という関係に於いては彼のペースに振り回されて、

ご自分自身の人生なのに相手の気持ち次第、行動次第という、不確かなものに軸が移ってしまい、心身ともに疲弊してしまい、最終的には相手を恨むことにまで発展してしまう可能性すらあります。

 

あなたの人生は、あなた自身のものです。

 

何をどうしようと、それはあなたの自由ですが、そこにともなう責任も、あなた自身が負うべきものです。

 

それらの選択の結果がなんであれ、あなた自身が自分で納得できれば、それは、あなたの人生を生きていることになります。

 

人生は選択の連続です。

 

「やることと、やらないこと」の判断基準を決めておくことは、自分自身の人生を生きていく上で、きわめて大切なことです。

 

そんな、あなたの中の判断基準を、あなたの人生の軸にしっかりと持ちましょう。

 

くれぐれも、すべてを相手のせいにして、自分のとった行動の責任から逃れることのないように。

 

 

【幸せになるW不倫の法則:32】 やることと、やらないことを決める。


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。


【しあわせになるW不倫の法則*32】やることと、やらないことを決める(音声)


★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

これは本当によくありがちなことなんですが、たとえば「毎日おはようのメール(今の時代ですとLINEですかね)を入れる」「必ずおやすみのメール(もしくはLINE)を入れる」「月に1度は必ず(←ここポイント)デートする」などの決まりごとをつくるカップルが多いんですよね。

 

ですが、これらのルールが仮に10年経っても変わらずに守られているということは、まずありえません。

 

たとえ最初のころはマメだったとしても、ふたりの関係が安定期に入ってくれば、どんなカップルでも自然と連絡の数は落ち着いてくるものです。

 

それになんといっても、どんなに上位になったとしても、それは3位が最高の関係なのですから、デートの頻度もそのときどきの状況によって変わってきますし、一定の頻度をキチンと守ることじたいが不可能な関係なのです。

 

そもそも独身同士の恋愛だって、そこまで決まりきったパターンを維持できるものではありません。

 

またヘタにパターンをつくってしまうと、それが崩れたときに必要以上に不安になったり、疑心暗鬼におちいってしまうことも少なくありません。

 

一見、安心装置のような付き合いのパターン化が、結果的に自分自身の首をしめることにもなりかねません。

 

大事なのは目に見える規則化よりも、お互いのココロの距離や温度を感じることができるかどうかです。

 

「W不倫」という枠組みを難しく考えすぎて、一定のルールをつくりたがる女性は多いですが、そのルールそのものが、結果的にあなた自身の首をしめることになることを知りましょう。

 

 

【幸せになるW不倫の法則:31】習慣化させない

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 
【しあわせになるW不倫の法則*31】習慣化しない。(音声)

 

とてもまじめなW不倫初心者がやってしまいがちなことであり、そもそも「習慣化」を必要としない相手と付き合うべきなんです。

 

あなたのことを本当に愛してくれる人と付き合いたいのであれば。


★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

わたしは本当にいろんな方たちから、さまざまなW不倫の、ご相談を受ける機会に恵まれています。

 

そうした中でいつも感じることは、みなさんお相手にいろんなことを求めすぎなんですね。

 

もちろん好きな人に対して、さまざまな期待をしたり、いろんなことを求めてしまうキモチは、よくわかります。

 

また一定の範囲であれば、相手に対して期待をもったり、その人にしか求められないことを求めるのは、けっして悪いことではありません。

 

むしろ当然至極なことです。

 

ですが、それに慣れてしまうと「もっと、もっと」と過剰な期待をしてしまうのが人間というもの。

 

とくにありがちなのは自分たちがW不倫ということを忘れて、独身同士の恋愛と同じようなことを求めてしまうこと。

 

この要求が始まると、自分も相手も追いつめられて、誰も幸せにはなれません。

 

確かに好きな相手には、他の人に抱かない期待や要求を抱くものです。

 

そして、それはけっして悪いことではありません。

 

ですが、それはあくまでも「W不倫」という枠組みでのこと。

 

あなたのソレが、その枠組みからオーバーしていないか今一度、冷静な目で考え直してみましょう。

 

 

【幸せになるW不倫の法則:30】過剰な期待をやめる

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

【しあわせになるW不倫の法則*30】過剰な期待をやめる(音声)

最初はそんなことを思っていなくても、時間が経つにつれ確実にそのハードルは上がるんです。

 

自分でも無自覚のうちに。


★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

これも鑑定をつうじて、よく聞く言葉なのですが、好きな彼に対して言いたいことが言えずにストレスがたまり、モンモンとしている・・・という方が本当に多いんですよね。

 

ですが、これはけっして健全な関係を築いているとはいえません。

 

あなたの思っていることは、あなた自身が彼に伝えないかぎり、伝わることはありません。

 

とくに自分にとってイヤなことは、ガマンをすればするほど後々、悪いカタチで自分自身に跳ね返ってきます。

 

彼の意思意向を尊重することは、けっして悪いことではありません。

 

むしろ、それは、とても大切なことです。

 

ですが、それと同じように、あなたの意思意向も相手に伝えないかぎり、相手に伝わることはないのです。

 

あなたが彼を好きだからとか、失うのが怖いからとかといった理由で一方的にガマンをする関係は、けっして健全な関係とはいえませんし、結果的に長く続くことも難しくなってきます。

 

彼のことが本当に好きなのなら、また少しでも長く一緒にいたいと思うのなら、少なくともあなたが本気でイヤだと思うことは、勇気をもって彼にキチンと伝えましょう。

 

 

【幸せになるW不倫の法則:29】イヤなことはイヤだと伝える

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

【しあわせになるW不倫の法則*29】イヤなことはイヤだと伝える(音声)

そうはいっても伝えられない・・・という人への解決策も提示しました。

 

このくらいのしたたかさがないのであれば、W不倫なんてしない方がいいですよ。

 

そもそもが女性の側のガマンと忍耐で成り立っている関係なのですから。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

これは【W不倫の掟*其の7】でも書きましたが、基本的にW不倫の関係に於いて、お互いの家庭の話を必要以上に(←ココ大事)話すことはタブーです。

 

とはいえ、付き合っている以上、リアルな相談をしたくなることもあるでしょう。

 

冷静な第三者の意見がほしくなることもあるでしょう。

 

そんなとき、あくまでも「相談」の範疇を越えなければ、それはそれで全然アリです。

 

ですが、なんの解決にもつながらない、家庭の愚痴を彼にすることは、けっして良いことではありません。

 

W不倫という関係は、必要以上に日常の話をしないことが鉄則です。

 

彼にご主人とのことを愚痴るくらいなら、夫婦円満(可もなく不可もなくなら、それでOK)にする努力をしましょう。

 

 

【幸せになるW不倫の法則:28】不倫相手に家のことを愚痴らない

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

【しあわせになるW不倫の法則*28】不倫相手に家のことを愚痴らない

※この音声は、とくに男性に聴いてほしいですね。無神経な男性が、この世には多すぎる。







★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

「都合のいい女」というコトバほど独り歩きしているコトバはないんじゃないかと思うほど、この言葉と不倫(W不倫ふくむ)は切っても切れない関係です。

 

ですが、ことW不倫にかんしては、実際には自分にとっては、彼が都合のいい男にあたっている部分もあるんだ、ということを自覚する必要があるんですね。

 

もっと言ってしまうならば、そもそもW不倫という関係そのものが、都合のいい関係ですからね。

 

これも何度も言っていますが、世の中の95%のW不倫カップルは、本人たちがどんなに真剣に愛しあっていると豪語したところで、やはりそれは都合のいい関係なのです。

 

だったら、いっそのこと、思いっきり突き抜けた、彼にとっての都合のいい女になってみませんか?

 

これも何度も言っていますが、W不倫という関係に於いて、あなたはどんなに上位になっても3位です。

 

彼の仕事と家庭には絶対に勝てません。

 

だったらヘンなプライドは捨てて、突き抜けて彼の都合のいい女になった方が、どんどん彼にかわいがられて大切にされます。

 

それなのに、そもそもの立ち位置を忘れてヘンな夢を見たり、ヘンなプライドが邪魔をするから、どんどんおかしな方向に向かっていくのです。

 

W不倫という関係は、そもそもが都合のいい関係です。

 

だったら、そもそもの立ち位置を最大限に活用して、彼にとってあなたが最上級に突き抜けた都合のいい女になりましょう。

 

 

【幸せになるW不倫の法則:27】都合のいい女になる

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。


【しあわせになるW不倫の法則*27】都合のいい女になる(音声)


★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

最初のころは、その行為自体への背徳感に、さいなまれることがあっても、だんだん感覚が麻痺してきてしまうW不倫の世界。

 

そしていつしかココロの中にあった罪悪感や後ろめたさが薄れていき、それらの感覚が麻痺してしまう人も少なくありません。

 

たとえばそれが、ひとときの許された時間と関係であるのに、家族のことを忘れ、配偶者への感謝を忘れ、彼との時間を中心に動くようになってしまったら、本来守るべきものを放棄してしまっているのと同じことなのです。

 

罪悪感は大事です。

 

後ろめたさは必要です。

 

もちろん過剰なほど、ムダにそれらを感じる必要はありませんが、一定の罪悪感と後ろめたさは、どんなときも忘れてはいけないものです。

 

たとえ今、あなたが配偶者に対して愛情が冷め、際限のない不満があったとしても、また家庭に対して不満があったとしても、それらのベースがあるおかげで、あなたの日常がまわっているのは、まぎれもない事実です。

 

もちろん、あなたの感情にフタをして、それらをすべて許し受け入れ、感謝しろとは言いません。

 

けれどもW不倫の世界に足を踏み入れたときに感じた、あの罪悪感と後ろめたさは、絶対に忘れてはいけません。

 

今あるW不倫の関係が、あなたにとって必要ならば、それはそれでかまいません。

 

けれども、その責任を配偶者や家族への不満に責任転嫁せず、いちばん最初にあったはずの罪悪感と後ろめたさは、どんなときも忘れないようにしましょう。

 

 

【幸せになるW不倫の法則:26】後ろめたさを忘れない

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

【しあわせになるW不倫の法則*26】後ろめたさを忘れない(音声)

※けっきょくコレを忘れないことが、あなた自身を楽にしてくれるんです。


★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

「彼との時間は、わたしにとって、現実を忘れられる癒しのひととき。その楽しみがあるから、毎日大変だけど、がんばれる」

 

W不倫をされている方たちは多かれ少なかれ、こうしたキモチをお持ちだと思います。

 

ですが、実はこれには2つのパターンがあります。

 

一つは本当に彼との時間を楽しみ、また相手を楽しませることを考えられる、お互いに与え合うパターン。

 

そしてもう一つは、自分が相手に楽しませてもらうことだけを考え、相手を楽しませることが考えられない、ひたすら相手に求めるパターン。

 

これは前者のパターンであれば何の問題もないのですが、後者のパターンに突入すると、そこから地獄の負のスパイラルが始まります。

 

なにしろ相手に与えることを忘れて求めるばかりになっているのですから、相手にとってはたまったものではありません。

 

またあなた自身も、どんなに相手から与えてもらっても満たされることがないのですから、いつまで経っても満足ができずに不満ばかりが募り、最終的には相手を責めるようになってしまいます。

 

こうなってしまっては、あなたは癒しの存在どころか、もはや彼にとって負担でしかなくなり、一緒にいても疲れるだけの存在になってしまいます。

 

そして、あなたの際限のない責めの言葉が、いつしか彼の限界の引き金になってしまうかもしれないのです。

 

W不倫の関係を現実からの逃げ場にすると、最終的には相手があなたから逃げていきます。

 

そんな最悪の事態を避けるためにも、彼をあなたの逃げ場にすることはやめましょう。

 

【幸せになるW不倫の法則:24】現実逃避の場所にしない

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。


【しあわせになるW不倫の法則*25】現実逃避の場所にしない(音声)


★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

ひとことで「W不倫」といっても、カップルそれぞれの付き合い方があると思いますが、その中に長電話がひとつのイベントみたいになっている方たちも多いかと思います。

 

いわゆる「電話デート」ってやつですね。

 

もちろん長時間の電話デートが悪いわけではありませんし、とくになかなか会えない遠距離W不倫カップルにとっては、大切な時間であり、また楽しみな時間だとも思います。

 

今は無料通話アプリや無料で話せる料金システムなど、いろいろありますからね。

 

これらを駆使してつながりをもつことは、とても良いことだと思いますし、また必要なことだとも思います。

 

ただ、あまりにも電話で話すことをひとつのイベントにしてしまうと、電話で話すことじたいが特別なことになってしまい、ふたりの間の日常に「電話で話す」という選択肢が、入ってこなくなってしまう可能性があります。

 

たとえば「電話で話す=長電話」という暗黙のルールがふたりの間でできてしまうと、少しだけでも声が聞きたくてガマンができずに、「電話で話したい」と仮にあなたが言ったとしても、まとまった時間がとれない彼から「時間がない」 という理由で断られてしまう可能性も出てくるのです。

 

それで結果的に寂しい想いをしてしまうのなら、電話で話すことを、もっと日常に落とし込んでフランクなものにした方が、ずっと建設的です。

 

時間がたくさんあるときは、長電話でつながりをもつ。

 

なかなか時間がとれないときは、たとえ数秒でもいいから、声を聞く。

 

そんなふうに電話をカジュアルに使いこなせるようになると、たとえなかなか会うことができなくても、ココロに張が生まれたり、つながりを感じることで寂しさを多少は緩和することもできます。

 

もちろんナマで会うのがいちばんですが、それが無理な場合は、相手の声を聞き、ダイレクトに会話ができる電話に勝るものはないですからね。

 

長電話が悪いわけではありませんし、電話デートを楽しむことも悪いことではないのですが、たまにまとまった時間で会うよりも、ちょこちょここまめに顔を見る方が、お付き合いをするうえでは大切なように、やはり電話デートもたまに長時間話すより、たとえ数分などの短い時間でも、ちょこちょこ声を聞く方がいいのです。

 

せっかくの無料で話せる手段が、たくさんある時代です。

 

電話をもっとフランクに、そしてカジュアルに使いこなしましょう。

 

 

【幸せになるW不倫の法則:24】電話をイベントにしない

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

【しあわせになるW不倫の法則*24】電話をイベントにしない(音声)

※つまりはこういうことを女性の側が言わずとも、根本的に理解している男性と付き合うのがベストですよ、ということです。








★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

これは鑑定をつうじて本当によく感じることなんですが、みなさん相手の都合を考えすぎる傾向がとても強いんですよね。

 

メールや電話をすることじたいをガマンするのはもちろんですが、メールやLINEなどで会話をしているときでも、本当は寂しさや不満や不安を相手に伝えたいけど、相手が疲れてそうだから言わずにガマンして抑えてしまうとか、会ったときに、いつも思っていることを伝えようと思っても、いざ彼を目の前にすると、せっかくの楽しい時間を台無しにしたくないからと言いそびれて、結局それを後までひきずってしまうとか。

 

それらを言わずに、後までひきずらないのであれば、もちろん言わないに越したことはないです。

 

疲れている相手に感情をぶつけたり、せっかくのデートを台無しにするよりは、もちろん相手を思いやった言動は大切ですし、彼にとってもそんなあなたの存在が癒しになるかもしれません。

 

ですが、お話をうかがっていると、現実には言いそびれたキモチや想いは多かれ少なかれ、みなさん必ずココロに蓄積しているんですよね。

 

そりゃそうです。

 

人間なんだから感情があって当たり前ですし、それらを発散せずに内に溜めていたら、誰だってどんどん苦しくなって、ヘタをすればココロの感覚が麻痺してしまって、傷つくことに鈍感になってしまう可能性だってあります。

 

その結果、どんどん幸せのハードルが下がっていって、そこに虚しさやミジメさを感じるようになる人もいるでしょう。

 

そもそも相手に気を遣ったところで、それが100%完璧なんてことはありません。

 

どんなにがんばったって完璧にはならないのに、相手の都合に合わせて自分の感情を抑えることほど、無意味なことはありません。

 

そもそも自己犠牲のうえに成り立つ恋愛など、恋愛ではありません。

 

それなのに相手の都合ばかりを考えていたら、本当に何も言えなくなってしまって、ひたすら自分の感情を抑えて耐え忍ぶ、まるで修行のような毎日になってしまいます。

 

それでは、あまりにも不健全で、なんのために彼と付き合っているのか、わからなくなります。

 

自己犠牲のうえに成り立つ恋愛など、そんなものは恋愛でも何でもありません。

 

彼のペースにあなたが常に合わせる必要など、どこにもないのです。

 

相手の都合を考えだすと、何も言えずに、何もできなくなります。

 

だったら相手の都合など考えずに、言いたいことは言いたいときに、どんどん相手に伝えましょう。

 

伝えた内容すべての願いがかなうかどうかは別として(←ココとても大事)、そうしたあなたの言動を受け止めてくれない男性には、そもそもW不倫をする資格なんてないのですから。

 

 

【幸せになるW不倫の法則:23】相手の都合を考えない

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。


【しあわせになるW不倫の法則*23】相手の都合を考えない(音声)


★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

さまざまな制約やガマンすることが多いW不倫の関係。

 

本当は彼に言いたいこと、つらいこと、寂しいこと、苦しいこと、 不満に思うこと、不安になること、などなど、毎日毎日さまざまな感情と闘って過ごされている方も多いと思います。

 

もちろん、そもそもがオープンな関係ではないのですから、どんなにつらくても耐えなければならないことは、たくさんあります。

 

どんなに寂しくても不安でも、それらの感情をひっくるめて受け止めることができなければ到底、続けられるものではありません。

 

それ相応の覚悟がなければ本来、W不倫の世界に足を踏み入れてはいけないのです。

 

けれども、そのことと、ものわかりのいい女を演じることは違います。

 

あなたも彼も同じ人間なのですから当然、あなたにも感情があります。

 

それなのに嫌われることを恐れ、うっとうしがられるのを恐れ、重い女だと思われることを恐れ、そもそもがW不倫の関係なのだから、こんなことを言ってしまってはダメなんじゃないかと勝手に思いこみ、それらの感情をすべて抑え、本当に言いたいことをガマンして、ものわかりのいい女のふりをしたりと、一方的に相手にとって都合のいい女になるから、あなたのココロはゆがみ、バランスが崩れてしまうのです。

 

イヤなことはイヤだと伝える。

 

自分の希望をキチンと伝える。(ただし自分の希望が100%とおることはない、という前提で→【法則:10】断られて当たり前だと思おう*参照)

 

自分の思っていることを、ちゃんと伝える。

 

これができなければ、あなたの中には彼への不満はもちろんのこと、ヘタをしたら恨みつらみが蓄積していく可能性だって生まれてきます。

 

またこれらの素直な感情やキモチを伝えることこそが「付き合う」ということであり、自分の思っていることを伝えられない関係には、なんの発展性もありませんし、そこから真のしあわせを得られることもありません。

 

本当のいい女とは、自分の思っていることはキチンと相手に伝えます。

 

そして相手の言い分は言い分として、キチンと受け入れます。

 

その中で、どうすることが最善なのかということを常に模索し、動き続けています。

 

また本当のいい女とは、ものわかりもよくなければ、相手の都合に合わせて動いたりもしません。

 

だからこそ、ありのままの相手を受け入れることもできるのです。

 

逆にいうと、ものわかりのいい女のふりをして、あなたが自分の感情やキモチを抑えてガマンをしているから、相手のこともありのままに受け入れられないのです。

 

また自分のキモチにフタをしすぎて、一方的に相手にとって都合のいい女になっているからこそ、自分が本当に望んでいることがわからなくなったり、どうしたらいいのかわからなくなってくるのです。

 

イイオンナになることなんて、かんたんです。

 

あなたがありのままに生きていれば、それでいいのです。

 

相手の都合など考えず、自分のキモチに素直に従い、伝え、動けばいいのです。

 

少なくともいい女のふりをしているかぎり、あなたがしあわせになることはありません。

 

あなたが本当にしあわせになりたいのなら、まずはいい女のふりをすることをやめましょう。

 

 

【幸せになるW不倫の法則:22】いい女のフリをしない

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。


【しあわせになるW不倫の法則*22】イイ女のフリをしない(音声)



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

★今回は男性向けのメッセージです★

 

W不倫カップルには独身同士のカップル以上に、さまざまな制約があります。

 

そんな多忙な中で、会う時間をつくったり、コミュニケーションとして連絡をとるなど、お互いの努力によって(←ココ大事)、ふたりの関係は築かれていくものです。

 

とはいえ、現実には予想外の仕事が入ってしまったり、家を抜けられない用事が出来てしまったりと、自分の意思とは無関係なところで、デートのキャンセルをせざるをえないこともあるでしょう。

 

そんなとき、キャンセルの連絡とともに、謝罪の言葉を述べるというのは当たり前のことですが(中にはキャンセルの理由が正当なものなのだから仕方がないという理由で、この謝罪のコトバすら述べない男性がいますが、そんな男は言語道断、不倫をする資格ナシです)、その反論のしようがない理由でデートのキャンセルをされた女性の側は、あなたに文句を言うこともできず、寂しさと不満と虚しさを確実に心の中に蓄積させています。

 

そんな彼女のココロをなぐさめるのに有効なのは、時間差でもう一度フォローをいれること。

 

とくにキャンセルの連絡に関しては、いち早く連絡をすることが第一ですからメールでも電話でもかまいませんが、この時間差フォローは彼女の状況が可能であれば、電話でするのがベストです。

 

あなたの声を聞きながら、あなたの気遣いとやさしさを感じることができれば、たとえ彼女の中に寂しさ、つらさ、不満はあっても、それらをかなり和らげることができます。

 

W不倫カップルは、どうがんばっても自分たちの意思だけでは、どうにもならないことが多々あります。

 

だからこそ常日頃から男性は女性へのフォローを、やりすぎかなと思うくらいするようにしましょう。

 

たとえどんなに寂しくて不満があったとしても、あなたの過剰なまでのやさしい気遣いと思いやりを感じれば、そこまで無茶苦茶な要求をしてこないのが、女性というものなのですから。

 

【幸せになるW不倫の法則:21】フォローは二段構えでする

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

★今回の内容は男性向けのメッセージです★

 

女性は「こういう男性と付き合った方がしあわせなW不倫ができるよ」という感じで参考にしていただければ。


【しあわせになるW不倫の法則*21】フォローは二段構えでする(音声)


★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

今、世の中には本当に多くのW不倫をされている方々がいらっしゃいます。

 

そしてそこに地域性は、まったく関係ないということを日々、感じています。

 

つまり世界中のいたるところで、W不倫をされている方たちは本当に多く、いらっしゃるということです。

 

そのことの是非を問うつもりは、もちろん毛頭ありません。

 

ただわたしが言いたいのは、それだけ現代社会に於いて、W不倫という関係は決して珍しいものではなく、また地域性の差もない、ということです。

 

そんな数多く存在する世の中のW不倫カップルにも、やはり95%と5%の法則が成り立ちます。

 

わかりやすく例えるならば「本気で、お互いに離婚をすることを考え、また実行し、再婚するに至った」というカップルが5%だとするならば、それ以外のカップルは、すべて95%のカップルに属するということです。

 

もちろん、これは説明するための一つの例えにすぎませんし、これらのことについても、どちらが良い、悪いなどの是非を問うつもりも毛頭ありません。

 

ここでわたしが言いたいのは、どんなにカップルの数だけ、いろんなカタチの付き合い方が存在しているとしても、それは、やはり大半のカップルは、この95%に属するのだよ、ということです。

 

つまり、どれほど自分たちの恋は世間でいうような不倫とは違う、もしくは、この想いは本当に純粋なモノであり、わたしたちは他のW不倫カップルとは違った特別な関係だ、などと、どんなに本気で思っていたとしても、実際には特別でも何でもなく、それはごくごくありがちな、いわゆる不倫(=W不倫)の関係なのだよ、ということなんです。

 

この事実を受け入れるには、なかなか時間もかかりますし、中には反発したくなる方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが「自分たちは特別だ!他のW不倫カップルとは違う!」と思っている人たちほど、実際には、その真逆、つまり典型的なW不倫カップルであると考えて、まず間違いありません。

 

そもそも本当に少数派な存在(特別な存在)、つまり5%に属する人たちは、そんな自己陶酔のコトバで自分たちの関係を甘く切なく盛り上げる暇があったら、どうやったら現実に前へ進むことができるか、という具体的なことを考え、常に行動しています。

 

そこには甘やかな恋に酔いしれる感情が入る余地などなく、常に必死で物事を考え、取組み、どうやったら前に進めるのか、自分たちの望むことが実現化していくのか、ということを念頭に、とにかく動いているのです。

 

自分たちが特別でも何でもない、ということを受け入れることは、とくに女性にとっては難しいかもしれません。

 

それは認めたくない事実、もしくはミジメなキモチになることを無意識のうちに防御し、また認めたくないあまりに無意識のうちにスルーしてしまっている事実なのかもしれません。

 

けれども、この事実を認め、受け入れると、あなたのココロは一気に楽になります。

 

たとえもし、そこまで楽になれなかったとしても、少なくともムダに悩み苦しむことが、どれほどバカらしいことか、そして時間のムダ遣いになることなのか、ということに気づくはずです。

 

あなたと彼(もしくは彼女)は決して特別な関係などではありません。

 

なぜなら5%側のW不倫カップルは、わたしのブログを読む暇があったら、離婚なりなんなり、とにかく前へ進むために現実で常に動いているからです。

 

つまり菅野 萌のブログを読んでいる時点で、あなたは95%側のW不倫カップルなのです。
(これ、すごくわかりやすい指標ね)

 

今すぐは難しいかもしれませんが、その事実をあなたの中で認め、受け入れられるようになったとき、確実に、あなた自身は一皮むけて成長します。

 

そして何より、あなた自身が今よりも強く、楽しく、そして幸せになっているはずです。

 

このブログを読んでいる時点で、あなたは世の中の大半に属するW不倫カップルの一人です。

 

どんなに時間がかかってもいいですから、そのことをしっかりと自覚し、認め、そして受け入れましょう。

 

それが出来るようになったとき・・・間違いなく、あなたは今よりも多くの笑顔と幸せを手に入れていますから。

 

【幸せになるW不倫の法則:20】 自分たちは95%側のカップルだ、ということを自覚しよう

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。


【しあわせになるW不倫の法則*20】自分たちは95%側のカップルだ、ということを自覚しよう(音声)


★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


菅野 萌のLINE@のQRコード



line%ef%bc%a0
☆毎朝10時にメルマガを配信しています☆


菅野 萌のLINE@

友だち追加数






*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。



★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★



★お問い合わせはコチラ★


このページのトップヘ